FC2ブログ

第17回 桂三風の西二階町寄席 桂三風 桂三語 ゲスト桂三歩 2019年2月10日(日)

まずは、三風師匠と三語さんでオープニングトーク



三風: この会を一緒にやっている三語君が、新進落語家競演会で新人賞を取りました!
ヽ(〃^-^)/★*☆オメデトー
三語: なんのこっちゃわかってない人が 半分以上います。
(笑)
三風: 昔は なにわ芸術祭っていうてたんですね。それがスポンサーが産経新聞社になって 新進落語家競演会となったんで、これが1回目?
三語: いや、今回で終わりなんです。
(笑)
三風: ホンマかいな!
三語: 24回やってまして、昔はこれで優勝したら、なにわ名人会で トップを飾れるという大会やったんです。
それといろんな各方面 ジャズやピアノの芸術家さんを呼んで 授賞式をしてもらえるということやったんですけど、名人会もなくなって、授賞式もなくなって、競演会もなくなる 最後のチャンピョンです!
(笑)

三風: 賞をとった落語を 今日するの?
三語: 今日はしないです、次回します。

ということなので、お楽しみに!
(^_^)


今回は 三語さんが 2席する番なので まずは 桂三語さんから。



今日は2席するということで、1席目は サラッと終わらせてもらいます。
(笑)
先ほど新人賞をもらったって言いましたが、何がうれしかったって 賞金をもらったんです。
10万円なんです。
おーーー 
(^・ェ・^ノノ゙☆パチパチ
何ですか 微妙な拍手
(笑)
お前やったら10万円は多いやろみたいな。 
でも、このキャリアで10万円はめちゃめちゃうれしいんです。
ただ いいことは続かないってことで、賞金貰った次の次の日に仕事で地元の三田の落語会に行ったときに 気が緩んでたんですかね、レンタカーぶつけて 罰金7万円ですわ。
(笑)

レンタカー屋さんとのやり取りを面白おかしく紹介。



演目は、『たぬさい』


続いて、桂三風師匠



師匠(文枝) のところに入ったおかげでいろんな所に行かせてもらってます。 
自分の師匠が全国区の人やなかったら そういろんなところに呼んでもらえることもなかったんですけど、「三枝の弟子か、それやったら うちにおいでや!」って、それはありがたいことなんですけど。
師匠のところに入ったのが 35年前で今年で35周年を迎えます。
今はそんなシステムはないんですけど、内弟子やったんです。
3年間は 住み込みでして、師匠は当時はタクシーに乗ってましたんでね、車がなかったから ぶつけることもないわけで。
(笑)

修行中は、酒とたばこと女性は禁止ですので 屋上で吸ってましたね。
そしたら奥さんから、「火の元に気を付けて 屋上に上がりよ。」 って言われました。
(笑)

酒は、いろんな酒がありまして、ちょびちょび飲んでは水で薄めていました。
ここの楽屋の冷蔵庫は 中がビールだらけで、師匠の家にもバドワイザー冷やす専用の冷蔵庫があって、それに補充するのも弟子の仕事でした。
この後の 三歩師匠が すごい酒飲みでして この後 ほんまもんの酔っぱらいが出てまいります。
(^_^)



演目は、『上燗屋』

三風師匠には珍しく 古典落語を披露したにもかかわらず、色々面白いアドリブが入っていたせいか、お客様のアンケートに、「三風さんの古典が聞きたい。」 って書かれた人も。
(笑)


続いて、ゲストの桂三歩師匠



高座に上がって開口一番、
「私 全然酔うてませんから。」
(笑)
「好きなんは 好きなんですけど なんか重たいなぁ。」 
と言ったら 左袖から 缶ビールが。
(笑)

ここの冷蔵庫はいいですね。
ビールがいっぱい入ってるんですよ。
まだ呑んでませんよ。
(笑)
三風君のところでお好みパーティーがあったんです。
でも、ビールじゃなくて 発泡酒やったんです。
これはあきませんね。
なんぼ酔うても 発泡酒はわかるんです。
腹立つから 冷蔵庫の発泡酒を全部飲んでやりました。
(笑)

私も 賞をとりました。
『大桑文化奨励賞』
大桑というスーパーがありまして・・・。
(笑)
これは、以前の七福寄席でもブログに書いてあるので省略。

他にも賞をとってます。
賞の名前が、アルコール依存症(賞)
(笑)



演目は、『粗忽長屋』

まくらでは、酒の話の後の 小学生からの手紙の話で 会場は大爆笑!


仲入りの後、トリは 桂三語さん



休憩中に皆さんが帰ったらどないしょうと思ってたんですけど、残っててくれてよかったです。

三歩兄さんが 酒が飲みたい 飲みたいっていうてますんで、すぐに終わらせていただきます。
(笑)

最後は講釈を題材にしたお話しを1席お付き合いいただきたいと思います。



演目は、『くしゃみ講釈』


落語会の最後は 恒例の抽選会(じゃんけん大会)



三語さんが持ってきた もう絶版になった 先代文枝師匠の本と 三風師匠が仕事で秋田に行った時のお土産 『男鹿の天然塩のおにぎり塩』 を 3名に


次回は、4月6日(土) 15時開演
出演、桂三風 桂三語 ゲスト笑福亭鶴笑 

次は スペシャルなことが起きるかも!
お楽しみに!
スポンサーサイト

お笑いライブ『ヒメクリ』 第104回(Cクリエーション) 2019年2月6日(水) 代走みつくに コヤゴ星人 あらじお ロドリゴ石川

各自 自己紹介の後、それぞれの近況報告。

あらじおのやっているサンテレビの 『いいねテニス』 が、東京MXでも放送されているらしい。

代走みつくにさんも 自身の出演しているサンテレビの 『全日本聞き上手選手権』 の紹介。

コヤゴ星人は、姫路城マラソンを走るにあたり、神戸新聞の取材を受けたそう。
その記事は、2月14日ごろからのマラソン特集の中で記事になるそう。

それぞれお楽しみに。
(^_^)



あらじおが 『いいねテニス』 の取材で三木市のテニスコートに行ったときに 大坂なおみのコーチ (サーシャ) がいて、テニロボに 一緒に写真撮ってくださいって言われて 写真を撮ったそう。
そのあと、湊川君の 『大腸・小腸・絶好調!』 もやってくれと言われてやったとか。
サーシャが頼んだらしい。
(笑)
その時、大坂なおみは遠くで じーーーっと見てたらしい。
(笑)



今日は、忍者もお客様としてお見えでした。
(笑)


まずは、コヤゴ星人から。



今日は2月6日ということで、昨日 2月5日が 娘の誕生日でした。
早いもんで3歳になりました。
今年の4月で、結婚5年目になるんです。
ヽ(〃^-^)/★*☆オメデトー
お祝いしてもらったのが昨日のことのように思い出して、僕は何も成し遂げていないまま 娘だけが大きくなっていくという。
(笑)
昨日はアンパンマンミュージアムに行ってきました。
今からしょうもない話をしますよ。
(笑)
パンが一個300円ぐらいするんですよ。
アンパンマンミュージアムに行ってきたというだけの報告です。
(笑)

新聞記者に取材を受けた内容を 面白く紹介。
(^_^)



ギャグしまーす。
『誕生日ギャグ』
『ホタテ貝 ガチャガチャ』

こういうのが続きますよ~。

『忍者ギャグ』

忍者だけが笑っています~。
(笑)



次は、ロドリゴ石川



ドラマよく見ますか?
NHKの『トクサツガガガ』っていうのにハマっていまして、これは特撮が大好きなオタクの女の子の話です。

僕が付きあうならこんなオタクな人がいいなと思っているので、付き合うならこんな人がいいなという フリップネタを作ってきました。



『ロドリゴの妄想劇場』

ロドリゴ: えりー、どないしたんや、急に呼び出したりして。
エリー: うち、ロドリゴと別れようと思う。
ロ: えっ、わかれるってなんで?
エ: うち、ロドリゴに言えてないことがあってん。
ロ: 付き合うてんねやから、なんでも言うてくれたらええやん。
エ: ロドリゴが思ってるより、ずっと野球オタクなんや。
九州出身の 『九州女子』 やって言うてたけど、ホンマは球種を覚えるのが好きな 『球種女子』 やねん。
(笑)


次は、あらじお



あらじおの原田と申します。
僕はあらじおの湊川といいます。

原: 初めての方もお客様もいらっしゃると思うんですが、パッと見てわかると思うんですが、36歳と39歳でやっています。
湊: わからへんやろ。
原: わかりずらいかな? 男と男でやってます。
湊: それはわかるわ!
原: 僕らコンビを組んで 7年になるのかな?
湊: 8年やろ!
原: 7年やろ。
湊: 8年や。
原: コンビで仲良くやってます。
湊: 他にもいろいろ一緒なのがあって 僕ら誕生日も一緒なんです。
原: すごないですか。
湊: お互い 7月24日なんです。
原: 25日
湊: 24や、誕生日まで変えんでええやん。
(笑)




湊: 出身高校も一緒やったんです。岡山理科大学付属高校なんです。
客席の忍者から、自分も一緒だという声が。
原: 一緒?先輩ですか? 野球部やったんですか?体操部?
湊: 体操部あった!
原: 僕、体育コースやったんですけど、一緒ですか? 体育コースは 運動ができるバカなんです。湊川さんは?
湊: 普通科です。
原: 普通のバカなんですね。
(笑)


最後は、代走みつくにさん



ギャグ
『もういくつねると』
『個人情報』

昨日 R1グランプリの準々決勝があって、通った報告しようと思ってましたがダメでした。
準々決勝で60人から 準決勝30人に絞るんですが、昔は準決勝が60人ぐらいやったんです。
準決勝に残ると敗者復活でテレビにも ちらっと映ることができるんです。
準決勝まで残った時に 映ると思っていたら、 スポンサーのTOYOTA の Y で隠れてました。
(笑)



昨日やったネタやりますね。
そもそもなんで落ちたかというと 10年間、同じネタをしています。
(笑)
来年は 違うネタを考えます。

『ぎんなん』
こういうのが続くんです。
10年間やてるんです。
『バリヤフリー』
『タルタルソース』 など。
(笑)

そりゃ落ちるわね。
審査員もいっつも一緒ですからね、またこれやってるわって思ってますわ。

マイクを裏から持ってきて、
『ウグイス』

最後にもう一つだけやっときましょか。
『国境』



エンディングでは、R1の面白話をいろいろと。



くまこさんの 『Cクリエーションのうた』 では、 コヤゴ君の歌いだしがおかしいと。
(笑)

次回は、3月6日(水)です。

第4回 南天・花丸 落語会 桂南天 林家花丸 2019年年2月3日(土) 大入り


昨日の由瓶さんの落語会に続き、本日は南天さん、花丸さんの落語会。
今回も満員御礼!


今回は、桂南天さんから。



ちょっと違和感のある衣装で登場。
このオチは、この後の花丸さんが説明。
(笑)


南天・花丸落語会も 4回目を迎えまして、今日も満員御礼でございまして いっぱいでございまして ありがとうございます。
いやいや~、儲かります!
(笑)
一所懸命やらせていただきます。
もう次回も決まっておりまして、5月26日の日曜日でして、お帰りの際に 予約していただければと思います。

昨日の由瓶さんの落語会にも来られた方は・・・、4人ですか。
由瓶のスパイですね。
(笑)
姫路のお客様はあたたかいですね。
先ほどファミマでパンと牛乳とコーヒーを買いまして、コーヒー牛乳じゃないですよ、コーヒーと牛乳ですからね。
(笑)
その行き帰りにでも、「南天さん、今日行きまっせ!」 って声をかけてくれます。
大阪は冷たいですね。
僕やとわかってないフリをするんですね。
(笑)


芸人も褒められるとうれしいもので、たまに評論家みたいなのが来たりしてつまらんところを探して書くのでそういう人が来てるだけで腐るんですけど、うまい事いうてくれたらうれしいことで、笑顔を見せるということが大事で、これは人間しかできないことなんです。
犬や猫はこういうことができないんです。
ですから舐めあったり、触れ合ったりするわけで・・・。
笑顔に、ちょっと言葉を付けるとまたさらに深まるんです。
(^-^)



演目は、『子ほめ』


続いて、林家花丸さん



月によっては足を運びにくいことも時もありますが、今日はこうして幾千万という方にお越しいただきありがとうございます。
(笑)
年が明けるといつも運気が気になって、去年よりはええ年にしたいなぁと思うわけで、最初のスポーツ新聞の占いを見ますと、私が3月生まれでして、『今年の3月生まれの運勢は、運気上昇は11月下旬から』
(笑)
ほとんど終わってからなんです。

南天さんとはもう28年ぐらいの付き合いでして、ともに平成3年の入門でございます。
同じ仕事をする仲間というよりも、一緒に会もやるぐらいですから芸人同士ではあまりありえない 友情というものがあります。
でも言うたらアカン事というのもあります。
お互い楽屋で喋っていても お互い言うたらアカン事というものがあります。
でも言わないと不自然なことというものもあります。
今日楽屋で南天さんが着替えるのを見て、どこの温泉客が来たのかと思いました。
(笑)
誰かこの商店街のどこかに 温泉が湧きましたか?
(笑)

こんなこと言うてなんですけど、衣装を持ってくるの忘れはったんです。
(爆)
こんなことあります?
今日2席やるんですよ!
(笑)
1着ぐらい持ってきたらええのに。
いうたらアカンのかなと思って 南天さんに聞いたら、「言いや花ちゃん、おいしいで!」 って。
(笑)



演目は、『鉄砲勇助』


続いて、再度 桂南天さんの登場。



出てくると、お客さんは大爆笑。
「何かありました?」
(笑)
いろんなことがありまして、言わんかったらわからへんのに。
(笑)
気が付いた方いらっしゃいます・
私もビックリしましてね。
気が付いたのが始まる10分前!
パン食べて、さぁやろか!着替えよか! ってなったら  あーーー、って。
(笑)
車で 太鼓やチラシをもってきていたので 車にあるかなと思って見に行ったら なかったんです。
自動車はあったんですよ・・・、でも着物がなかった。
えらいことなったなぁって。
でも七福座さんで落語会は助かりますなぁ、呉服屋さんがいるんですわ。
(笑)
この会のスタッフに呉服屋さんがいてはるんですわ。
そこを出てちょっと行ったところに、田村さんっていう まことに立派な呉服屋さんがあるんですわ。
日本一の呉服屋の大将に 浴衣でええんです、着物やったら高ぁて買えんからゆかたでええんで言うたら、わしのを貸したるって!
ピッタリでしょ! あつらえたみたい。
(笑)
帯は花ちゃんに借りて、足袋は諦めて 靴下ですわ!
(笑)
ええ呉服屋さん、田村さん、皆さん 帰りがけに足袋でも何でもええんで買うて帰ってください。
(^-^)



目は、『住吉駕籠』



仲入りのあと、トリは 林家花丸さん



あの方の舞台も 無事に終わりまして。
(笑)
まことに結構なお客様で、楽屋で二人で抱きしめあって涙流してまして ありがとうございます。

くどいようですが、まことにええ呉服屋さんがそばにあってよかったです、奇跡的なことですよ。
噺家が衣装を忘れたからまだよかったんです、これが水泳選手が海水パンツを忘れたら大変なことですよ。
(笑)
私のほうが動揺しています。
私は言うたんですよ。
花丸さん衣装貸さへんのかいな ケチやなぁ と思われますと辛いですし 何より衣装着てもらうほうがいいですから、「南天さん、2着あるから一つ着てください」 って。
でも私の着物には 紋が入っていまして、林家の紋を桂が着るというのは、タイガースのベンチにYGがいるようなもので・・・。
(笑)
今日のことを日記に書かせてもらいます。
(笑)

ここからは、いろいろと着物の説明をしていると、お客様の携帯がピコピコと。
電話が鳴っていますから、電源を切ってくださいね、仲入りのあとなどにはよくあるんですが、電源を切り忘れるぐらい大したことはありません。
着物を忘れる人がいるんですから。
(笑)
 


演目は、『立ち切れ線香』


次回は、5月26日(日)です。
お楽しみに。

第7回 由瓶の姫路落語会 笑福亭由瓶 桂紅雀 2019年2月2日(日)


寒い中、たくさんのご来場 ありがとうございました。
(^-^)

まずは、笑福亭由瓶さんから



たくさんのご来場ありがとうございます。
私の落語会も、今回で 7回目になります。
お寒い中お越しくださいまして ありがとうございます。
今日のゲストの紅雀師匠と私とは1971年 昭和46年生まれ 今年48歳の亥年の歳男ですねん。
(笑)
今日の流れを言いますと、今日僕 大爆笑のネタをやります。
そのあと 紅雀師匠の気品にあふれた落語をしてもらいまして、休憩はさんで、同い年トークをやらしてもらってそのあと トリをもう一席やらしてもらおうと思っています。

今日はマスクしている人が多いですね。
僕みたいな爆笑王でも、笑いがモソモソするんですね。
僕の時にはわーーーっと笑って、紅雀師匠の時にはマスクして モソモソしてください。
(笑)

年齢の話から、干支の話へと。

「今日は 着陸が難しいなぁ。」
(笑)



演目は、『うなぎ屋』


ウナギを持つ場面では高座の上で あっちに行ったりこっちに行ったり。
汗を拭きつつ「僕だけ暑い!」


続いて、桂紅雀さん



由瓶君はああいってましたが、私の時にもぜひ笑っていただきたいと思います。
彼は私と似ているというてましたが、全然似てないんですよ、それが証拠に 私はマスクが大丈夫ですので。
今、インフルエンザが流行っているということで、何百万人もかかっているということでえらいことで、うちの娘が学校でもろてきて、嫁さんにもうつったんです。
二人大変な状況でして 私だけうつらないんですね。
ほんなら、私のほうが健康やから 私のほうが優位に立てると思ってたら、ああいう状況になると汚いもんのように扱われるんですね。
私に 「うつるから、近寄らんとって!」 って言われるんですね。
なんか、私がインフルエンザの菌みたいに言われるんです。
私が働いて一生懸命 稼いできてるのに、いらないもんみたいにねぇ。
(笑)

流行っているというと、今大坂なおみちゃんがすごいですね。
私も暇なんで、ずーーっと見てました。
(笑)

ここから、テニスの話からスポーツの話、海外旅行の話で会場を沸かす。
(^-^)



目は、『かぜうどん』



仲入りのあと、歳男 同い年トーク



由瓶: 僕は平成9年の入門なんですが、平成7年のご入門・・・この2年というのは果てしなく大きい年齢差なんで、この2年というのは僕がどんなに頑張っても追いつけないですね。
憧れの同級生の先輩、紅雀師匠です!拍手をお願いします。
紅雀: なんかいやらしいでしょ。こっちの大きい座布団渡して 立てたふりをする。
(笑)
由瓶: 当り前じゃないですか!
紅雀: 全然そんなんちゃうやん、紅雀師匠なんか言うて、楽屋では紅雀さん言うてたやん。
(笑)
由瓶: 22年前、こんな上手い若い人がおるんやな 思た。
枝雀師匠の最後のお弟子さんなんです。
あの爆笑王が、15年弟子を取らなかったのに君なら取るということやんな。
紅雀: 師匠にしたら もらい事故みたいなもん。
(笑)

ここから、由瓶さんの師匠の鶴瓶さんの話や、由瓶さんがまだ若い噺家さんに稽古を頼まれたことがないといった面白い話から、紅雀さんが昨日おかまを掘られた(交通事故)の話を面白トークで!
(^-^)


トリは、笑福亭由瓶さん



もう2月になりましたね。
1月は行く、2月は逃げる、3月去る、4月は・・・しぬ。
(笑)
初夢は夢がかなうといいますが、私の娘は4月から3年生になるんですが、小さいときに怖い夢を初めて見たときに2時間ぐらい号泣したんです。
夢というのは毎日見ているそうですが・・・




演目は、『天狗裁き』



次回は、5月3日(祝・金)です。
お楽しみに!


この下の写真は、落語会のあとの打ち上げで、紅雀さんによく似ている うちのスタッフの一人との2ショット写真です。
細かい話ですが、お互いの眼鏡を交換しています。
(笑)





第2回 かい枝・阿か枝 らくご会 2019年1月20日(日) 桂かい枝 桂阿か枝


まずは、かい枝さん阿か枝さん お二人登場でオープニングトークから。



かい枝: 前回は40人ぐらいでしたのが、今回は倍ぐらいになりまして、ありがたいですねぇ。
阿か枝: センター試験に関係ない方が来てるんですかね。
(笑)
か: 今日はセンター試験ですか。
   若者が必死に 人生がどうなるか、受験している中をこうやって落語に来られてるんですね。
   あなたは国立大学ですからね、なんだったんですかね 受験勉強って。
阿: せなんだらよかった!
   もっと早よ入っとったら、もっと上の位置やったのに。
(笑)
か: 高学歴の人が増えていますね。
   大阪で高学歴といいますと やはり桂福丸さんですね。
   京都大学法学部ですからね、それよりすごいのが、灘中 灘高ですから。
   そんな話していたら、智之介君が、『私も 灘小学校ですよ!』 って。
(笑)
阿: 灘小って聞いたら、一瞬賢いんかなって思いますね。
か: ただの公立の小学校ですからね。
(笑)
か: 高学歴の人が落語家になるのを 我々の専門用語では 『アホ』 といいます。
阿: それ以外に当てはまる言葉が見つかりませんね。



まずは、桂阿か枝さんから。



2019年ということでイノシシ年で、ぼくは当たり年になりまして、ちょうど 僕 96歳になります。
(笑)
落語ということで気軽に聞いてもらえたらと思うんですが、1月2月というのは インフルエンザで学級閉鎖や学校閉鎖になったりする、僕らは気をつけなあかんと思います。
声が出えへんかったらこんなに情けない仕事はないかと思います。
なにしに出てきたんやってことになりますから。
(笑)
喉と あと ヒザ、落語家の場合はそこからここまで歩けて正座さえできればええんです。
喉とひざだけはメチャメチャ気を付けてるんですけど、一回6年ぐらい前にヒザを手術せなあかんことになったんです。
ある時期から、ヒザが痛くなって正座ができなくなって・・・。

ここから、お医者さんとのやり取りなど面白く紹介。
(^-^)



演目は、『千早ふる』


続いて、桂かい枝さん。



今、落語家が 落語が始まって以来 一番数が多いらしいです。
1000人に迫る勢いだそうです、恵まれた時代に落語家をさせていただいているなぁって思います。
おかげさまで あっちゃこっちゃちといかせてもらっておりまして、14日は北海道は芽室町の新春寄席を500人のところでさせてもらいまして、次の日は帯広で学校公演があって、その翌日16日は東京で学校寄席があったんです。
16日はその日のうちに宮崎に行きまして、NHKの 『落語日本』 っていう番組に出させてもらっているんです。
どういう番組かというと、国際放送なんです、140か国に向けて放送しているんです…、日本では見れないんですよ。
(笑)
旅番組でして、日本のいろんなところを回って、最後に小話にするんです。
それを英語にして、横浜にぎわい座で収録しているんです。
 
ここから、その宮崎でのエピソードを面白く紹介。
(^-^)



演目は、『どうらんの幸助』



仲入りのあと、再度 桂かい枝さん



今日はよく笑っていただきまして、笑い方にもいろいろとありまして、人によっては笑った後にため息をつく方なんかもいらっしゃいまして。
ハハハハハ、あ~ぁ
(笑)
笑うのは健康にいいとよく言いますからね。
もう長寿の世の中ですから、70ぐらいですと優先座席も譲ってもらえませんからね。
100歳以上が 68000人いるそうです。
だから100歳といっても そんなに珍しい年齢ではないんですね。
ただ、68000人のうち 4人に1人はボケてらっしゃるということで、割合で言うと、
(客席を順に指さしながら)
1、2、3、ボケ
(笑)

ボケない方法を 面白く紹介!
(^-^)



演目は、『ハルコとカズコ』


今回のトリは、桂阿か枝さん



もう一席お付き合いいただきまして 本日はお開きということでございます。
こんかいが第2回目ということでございますが、次回がもう決まりまして・・・、
(笑)
(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ
今 休憩中に決まったんですけど、かい枝先輩が それまくらで言うは!って言ってたのがそれを忘れてまして。
(笑)

5月19日の日曜日ということで、この後チケットも販売されるか しないか どっちかやと思います。
(笑)

もう一席は 『うまやかじ』 ということで、昔から夫婦げんかは犬も食わん ってなことを言いますが、男と女は考え方が違うということを年々身にしみて感じるんですが・・・。

喜加賀の電車のエピソードや、阿か枝さんご夫婦の面白ネタをいろいろと紹介。
(^-^)




目は、『厩火事』



次回は2019年5月19日(日) 14時開演 です。
お楽しみに。


第112回七福寄席 笑福亭学光 2019年1月16日(水) ①大入り

この日も、寒かったですが、朝早くからたくさんのお客様が並んでいただけました。



第1部は満員御礼となりました。
(^_^)




まずは、桂三実さんから。



桂三実(かつらさんみ)と申します。
どうぞ顔と名前を覚えて帰って下さい。
(名びらを指さしながら) こういう字を書くんですが、漢数字の三(さん)と、実(み)・・・、どういう漢字かと説明いたしますと、
「たかし、ちょっとお前に言わなあかんことがあるねん。実はな、お父ちゃん、お前のほんまのお父ちゃん違ゃうねん。」 の 『実(じつ)』という字です。
(笑)

私、出してもらうのは2回目でして、とっても嬉しくて 普段はしていないことをしています。
大サービスなんです、皆さんわかりますか?
実は・・・。
(笑)

またどこかの寄席でお楽しみください。
(^_^)



演目は、
第1部が、『お玉牛』
第2部は、『孝行糖』



三実さんは2席とも、七福寄席では初めての演目を披露してくれました。


続いて、笑福亭学光師匠。



ここの会場は2回目なんです。
その1回目にさせてもらったのが、先ほど三実さんがした 『お玉牛』なんです。
偶然なんですが・・・。
僕より上手ですね!
(笑)
三実さんは梅団治さんに稽古をつけてもらったそうですけど、僕は3代目春団治師匠なんです・・・、やりましょか?
(笑)
ここから、春団治師匠の物まねを交えて面白おかしく稽古の話を紹介。
(^_^)

色々な話で お客様を笑わせる。

第2部の登場の時には 客席から、
「待ってました!日本一!」 と 掛け声も!
(^_^)
学光師匠は全国でお笑い福祉をされていて、その姫路での会の生徒さんだそう。
お笑い福祉士としての活動を面白く紹介。
その中で、
1日1回 笑うこと
1日10人に 出会うこと
1日100文字 書くこと
1日1000文字 読むこと
1日10000歩 歩くこと
と力説! (^_^)



演目は、
第1部が、『試し酒』
第2部は、『木津の勘助』


試し酒では、酒を飲むシーンで 色々と面白ネタをされて、大爆笑!
(^_^)




お帰りの際には、お客様のお見送りで、たくさんのお客様が 写真やサインを求める姿も。

次回は、平成31年2月20日(水)
出演 明石家のんき(あかしや のんき) 桂慶治朗(かつら けいじろう)

お楽しみに!

團次郎・愛染 二人会 2019年1月10日(木) 桂團次郎 林家愛染 ゲスト月亭秀都 『東の女・西の男スピンオフ企画』


新年初めての落語会ということで 黒紋付持ってきました。
重たい、これ! 冬もんやから 裏が入っていますからね。
それに暑い!
(笑)
この会は、團次郎君と私 愛染が、この二人と 東京の 林家あずみさんと 林家ななこさんというお二人と一緒に、『東の女×西の男』という 会をさせていただいており、それが年に1回だから お客さんが寂しがっているだろう 忘れ去られている可能性もありますので、関西でやっている者同士で 2人会をやってみようということです。

あずみさん、ななこさん談議で お客様を笑わせる。
(笑)



次の新しくなる元号の話題では、團次郎さんの天然ぶりを披露。
(笑)


開口一番は、ゲストの月亭秀都さん。



まずは月亭秀都で しばらくの間お付き合いを願いますが、皆さんご存知かどうかわかりませんが 私姫路に縁がありまして、出身が姫路土山6丁目でして、○○番地○○号なんですが・・・。
(笑)
荒川小学校から山陽中学校に行きまして東洋大学付属高等学校に行ったんでございます。
ずーーーっと姫路やったんです。
ですから、この七福座で落語をするのが、小さいときからの夢やったんです。
(笑)
これは去年初めて出させていただいたときにも言ったんです。
これはいろんな所で いろんな噺家が言うたりするんです。
でもこの七福座で言うていいのは 僕だけでございますからね!
(^-^)
姫路も都会になりましたが、大阪はすごい街でいたるところでイベントなんかやっていまして・・・。

大阪のライブハウスでやった落語会の話で会場を沸かせる。
(^-^)



目は、
『鉄砲勇助』




続いて、桂團次郎さん



こうやって着物が2着以上あるというのを見てもらおうと思って、持ってきました。
(笑)

こうやっていろんなところで喋らせてもらいますので、いろんなところに行くとネタを探したり、なんか面白いこと落ちてないかな?とか探すんですが、最近あることに気づきまして、外に出てネタを探さんでも身近なところにネタがあるということに気づいたんです。
というのが、うちに一人母親がいましてね、まあ一人なんですけどね 母親がいまして、これがなかなかのオッチョコチョイでございまして、おもろいんです。
眼鏡をかけた方が今日も多いんですが、眼鏡をかけてる方ならわかると思うんですが、目が目を頭にあげたまま眼鏡を探す人いるでしょ。
うちの母親は、眼鏡をかけたまま、「眼鏡がない!」 って探しているんです。
またある時は顔洗ってくるわって 洗面台に行ったと思ったら・・・「きゃーーー!」って声が聞こえるんです!
何事かと思って行ってみると・・・。
(笑)

お母さんの天然話で会場は大爆笑!
團次郎さんの天然は、お母さん譲りだったんですね。
(笑)
 



演目は、
『狸さい』



続いて、林家愛染さん



日本人というのは、毎年何かあるという定期的なイベント事が好きですね。
私も毎年やっていることがありまして、何かといいますと、毎年夏に宮崎県の日向市に行かせてもらってるんですが、これは遊びに行ってるんじゃなくて、お仕事で行かせてもらってまして、これが 『日向子供落語全国大会』 の審査員に行かせてもらってます。ですからこうやって落語をやらさえていただいていますけど、日向に行ったら 『先生』 と呼ばれています。
(笑)
子供の落語を審査するんですけれど 落語というたら、先ほどから聞いてもらっておりますけど、上手い下手とか点数が出るとかというもんではなく、好みのもんですから審査するのも難しいんです。
それで、コメントも言わなあかんのですけど、なかなか判断しにくいものがございます。

小学生・中学生・高校生と別れているんですけど・・・。
と、審査の難しさや 面白話を披露。
(^-^)



目は、
『浮かれの掛け取り』



仲入りのあと、
再度、林家愛染さん



仲入りの時に楽屋で、今日のお客さんは よう笑ってくれるって話をしていたんです。 
我々 笑ってくれるってのはうれしい限りでございます。
(笑)
いや~、あるんですよ、他の会場なんかで 我々が何を言うても笑ってくれない。
いわゆる、『すべってる』 っていうことですが、こういう時は自分のせいにはしません、お客さんのせいにするんです。
「どうやった?」
「今日のお客さん、何を言うても笑わへん アホ やわ!」 って。

それに比べますと 今日のお客さんはよう笑ってくれますので、楽屋でも言うてました、
「今日のお客さん、何を言うても笑ってくれますわ アホですわ!」 
(笑)




演目は、
『地下鉄』





トリは、桂團次郎さん



もう一席やらせてもらおうと思います。
これが終わったら、みなさまお楽しみの抽選会でございますが・・・。

私は落語家だけではないんです、何を隠そう・・・ 何も隠してないんですけどね、役者もやらせてもらっています。
松竹座にも出させてもらったことがあります。

稽古の時や舞台上での失敗談で 大爆笑!
(^-^)



演目は、
『七段目』



最後は、お楽しみ抽選会(じゃんけん大会)。



團次郎さんや愛染さんのサインの当たるじゃんけん大会。



途中から、秀都さんも登場し、最後は大きな 『目録』 をかけてのじゃんけん。



勝った人にプレゼントで、中身は 團次郎さんと愛染さんの サイン入りポートレート。
(笑)




ポートレートの元の写真は、このチラシの右上の、二人で抱き合ってる 写真でした。
(笑)

プロフィール

姫路 西二階町商店街

Author:姫路 西二階町商店街
姫路の老舗商店街
西二階町商店街

新名所誕生『七福座』

空き店舗を活用し、西二階町商店街に『七福座』という 多目的ホールができました。
姫路で落語といえば西二階町!
商店街の活性化のためにはじめた毎月一度の落語会(七福寄席)は、大変盛況です。
その他、お笑いライブ『ひめクリ』(第1水曜日)や野菜市『林田新鮮市』(第2、4水曜日)など開催して賑わっています。
またいろいろな教室、発表会の場としても、ご利用いただけます。
七福座支配人
   垣内睦彦

お問合せ先
西二階町商店街振興組合
079-224-6341
info@nishinikaimachi.com


西二階町商店街のホームページもぜひご覧ください。
www.nishinikaimachi.com

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

最新記事

FC2カウンター

FC2ブログランキング

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © 姫路 西二階町商店街