FC2ブログ

第112回七福寄席 笑福亭学光 2019年1月16日(水) ①大入り

この日も、寒かったですが、朝早くからたくさんのお客様が並んでいただけました。



第1部は満員御礼となりました。
(^_^)




まずは、桂三実さんから。



桂三実(かつらさんみ)と申します。
どうぞ顔と名前を覚えて帰って下さい。
(名びらを指さしながら) こういう字を書くんですが、漢数字の三(さん)と、実(み)・・・、どういう漢字かと説明いたしますと、
「たかし、ちょっとお前に言わなあかんことがあるねん。実はな、お父ちゃん、お前のほんまのお父ちゃん違ゃうねん。」 の 『実(じつ)』という字です。
(笑)

私、出してもらうのは2回目でして、とっても嬉しくて 普段はしていないことをしています。
大サービスなんです、皆さんわかりますか?
実は・・・。
(笑)

またどこかの寄席でお楽しみください。
(^_^)



演目は、
第1部が、『お玉牛』
第2部は、『孝行糖』



三実さんは2席とも、七福寄席では初めての演目を披露してくれました。


続いて、笑福亭学光師匠。



ここの会場は2回目なんです。
その1回目にさせてもらったのが、先ほど三実さんがした 『お玉牛』なんです。
偶然なんですが・・・。
僕より上手ですね!
(笑)
三実さんは梅団治さんに稽古をつけてもらったそうですけど、僕は3代目春団治師匠なんです・・・、やりましょか?
(笑)
ここから、春団治師匠の物まねを交えて面白おかしく稽古の話を紹介。
(^_^)

色々な話で お客様を笑わせる。

第2部の登場の時には 客席から、
「待ってました!日本一!」 と 掛け声も!
師匠は全国でお笑い福祉をされていて、その会の生徒さんだそう。

その中で、
1日1回 笑うこと
1日10人に 出会うこと
1日100文字 書くこと
1日1000文字 読むこと
1日10000歩 歩くこと
と力説! (^_^)



演目は、
第1部が、『試し酒』
第2部は、『木津の勘助』


試し酒では、酒を飲むシーンで 色々と面白ネタをされて、大爆笑!
(^_^)




お帰りの際には、お客様のお見送りで、たくさんのお客様が 写真やサインを求める姿も。

次回は、平成31年2月20日(水)
出演 明石家のんき(あかしや のんき) 桂慶治朗(かつら けいじろう)

お楽しみに!
スポンサーサイト

團次郎・愛染 二人会 2019年1月10日(木) 桂團次郎 林家愛染 ゲスト月亭秀都 『東の女・西の男スピンオフ企画』


新年初めての落語会ということで 黒紋付持ってきました。
重たい、これ! 冬もんやから 裏が入っていますからね。
それに暑い!
(笑)
この会は、團次郎君と私 愛染が、この二人と 東京の 林家あずみさんと 林家ななこさんというお二人と一緒に、『東の女×西の男』という 会をさせていただいており、それが年に1回だから お客さんが寂しがっているだろう 忘れ去られている可能性もありますので、関西でやっている者同士で 2人会をやってみようということです。

あずみさん、ななこさん談議で お客様を笑わせる。
(笑)



次の新しくなる元号の話題では、團次郎さんの天然ぶりを披露。
(笑)


開口一番は、ゲストの月亭秀都さん。



まずは月亭秀都で しばらくの間お付き合いを願いますが、皆さんご存知かどうかわかりませんが 私姫路に縁がありまして、出身が姫路土山6丁目でして、○○番地○○号なんですが・・・。
(笑)
荒川小学校から山陽中学校に行きまして東洋大学付属高等学校に行ったんでございます。
ずーーーっと姫路やったんです。
ですから、この七福座で落語をするのが、小さいときからの夢やったんです。
(笑)
これは去年初めて出させていただいたときにも言ったんです。
これはいろんな所で いろんな噺家が言うたりするんです。
でもこの七福座で言うていいのは 僕だけでございますからね!
(^-^)
姫路も都会になりましたが、大阪はすごい街でいたるところでイベントなんかやっていまして・・・。

大阪のライブハウスでやった落語会の話で会場を沸かせる。
(^-^)



目は、
『鉄砲勇助』




続いて、桂團次郎さん



こうやって着物が2着以上あるというのを見てもらおうと思って、持ってきました。
(笑)

こうやっていろんなところで喋らせてもらいますので、いろんなところに行くとネタを探したり、なんか面白いこと落ちてないかな?とか探すんですが、最近あることに気づきまして、外に出てネタを探さんでも身近なところにネタがあるということに気づいたんです。
というのが、うちに一人母親がいましてね、まあ一人なんですけどね 母親がいまして、これがなかなかのオッチョコチョイでございまして、おもろいんです。
眼鏡をかけた方が今日も多いんですが、眼鏡をかけてる方ならわかると思うんですが、目が目を頭にあげたまま眼鏡を探す人いるでしょ。
うちの母親は、眼鏡をかけたまま、「眼鏡がない!」 って探しているんです。
またある時は顔洗ってくるわって 洗面台に行ったと思ったら・・・「きゃーーー!」って声が聞こえるんです!
何事かと思って行ってみると・・・。
(笑)

お母さんの天然話で会場は大爆笑!
團次郎さんの天然は、お母さん譲りだったんですね。
(笑)
 



演目は、
『狸さい』



続いて、林家愛染さん



日本人というのは、毎年何かあるという定期的なイベント事が好きですね。
私も毎年やっていることがありまして、何かといいますと、毎年夏に宮崎県の日向市に行かせてもらってるんですが、これは遊びに行ってるんじゃなくて、お仕事で行かせてもらってまして、これが 『日向子供落語全国大会』 の審査員に行かせてもらってます。ですからこうやって落語をやらさえていただいていますけど、日向に行ったら 『先生』 と呼ばれています。
(笑)
子供の落語を審査するんですけれど 落語というたら、先ほどから聞いてもらっておりますけど、上手い下手とか点数が出るとかというもんではなく、好みのもんですから審査するのも難しいんです。
それで、コメントも言わなあかんのですけど、なかなか判断しにくいものがございます。

小学生・中学生・高校生と別れているんですけど・・・。
と、審査の難しさや 面白話を披露。
(^-^)



目は、
『浮かれの掛け取り』



仲入りのあと、
再度、林家愛染さん



仲入りの時に楽屋で、今日のお客さんは よう笑ってくれるって話をしていたんです。 
我々 笑ってくれるってのはうれしい限りでございます。
(笑)
いや~、あるんですよ、他の会場なんかで 我々が何を言うても笑ってくれない。
いわゆる、『すべってる』 っていうことですが、こういう時は自分のせいにはしません、お客さんのせいにするんです。
「どうやった?」
「今日のお客さん、何を言うても笑わへん アホ やわ!」 って。

それに比べますと 今日のお客さんはよう笑ってくれますので、楽屋でも言うてました、
「今日のお客さん、何を言うても笑ってくれますわ アホですわ!」 
(笑)




演目は、
『地下鉄』





トリは、桂團次郎さん



もう一席やらせてもらおうと思います。
これが終わったら、みなさまお楽しみの抽選会でございますが・・・。

私は落語家だけではないんです、何を隠そう・・・ 何も隠してないんですけどね、役者もやらせてもらっています。
松竹座にも出させてもらったことがあります。

稽古の時や舞台上での失敗談で 大爆笑!
(^-^)



演目は、
『七段目』



最後は、お楽しみ抽選会(じゃんけん大会)。



團次郎さんや愛染さんのサインの当たるじゃんけん大会。



途中から、秀都さんも登場し、最後は大きな 『目録』 をかけてのじゃんけん。



勝った人にプレゼントで、中身は 團次郎さんと愛染さんの サイン入りポートレート。
(笑)




ポートレートの元の写真は、このチラシの右上の、二人で抱き合ってる 写真でした。
(笑)

第16回 桂三風の西二階町寄席 桂三風 桂三語 ゲスト桂三扇 平成30年12月22日(土)

年末の出にくいところをお越しいただき ありがとうございます。
桂三風でございます。
三語です、よろしくお願いします。
(^-^)//""ぱちぱち

まずは二人で オープニングトーク。



我々は事初めというのがあって 12月13日にいわゆる、花柳界や やくざの世界、落語家(笑)は 新年を迎えるという形で、「おめでとうございます。」「おことうさん。」 というのを 12月13日にやるんです。
おかしいでしょ、まだ年も明けてないのに、ただ結構 年末年始に皆 忙しくなるんで・・・・、人によっては。
(笑)
三語: 兄さんは忙しいんでしょ!(笑)
三風: 忙しいよ、1月3日だけは。この日は繁昌亭と喜楽館をかけもちなんです。
三語: 楽屋でお節料理の話ばかりしていましたからね。
三風: 自分はどうしてんの?
三語: 紅白見て、楽しんでますね。
三風: 僕は紅白は長いこと見てないですね、カウントダウンイベントがあるもんで。

ここから、カウントダウンイベントの面白い話で盛り上がる!


三風: 今日のゲストの三扇さんは、水曜日にレギュラーがあるんで こちらの七福寄席には 出演できないので、この会にお呼びしました。
(^-^)

西二階町の七福寄席は、上方落語協会様に 噺家さんの派遣をお願いしていますので、上方落語協会に加盟していない噺家さんはご出演いただけないし、三扇さんのように水曜日にほかのお仕事がある方もご出演いただけないので、このようなスピンオフの落語会で 初めて拝見できる機会を作っていただけるのは、大変ありがたいです。
(^-^)



まずは、桂三風師匠から。



今年の漢字一字は、私的には 『大』 じゃないかと思っていたんですけどね。
大阪で地震があったり、大雨や大阪なおみさんが優勝したり、大谷翔平、 大阪万博が決まったりしてね。
あんまり、『災』 っていうのは・・・、2004年にもあったんでしょ。
幸せな漢字が出てこないですよね。
最後の最後まで、いろんな事件が起きてますよね。
北海道のアパマンショップ、ビックリしますよね。
そうかと思ったらゴーンさんが再逮捕。
大晦日に ゴーンってなっても本人は出てこれないんですね。
(笑)
今年は政治家もようわからんのが多かったですよね。
桜田さんていう サイバーセキュリティ担当が パソコンを触ったことがないという。
私の判断に 間違いはありません!って言ってますが、あの人を選んだ国民に間違いがあったんですね。
(笑)
片山さつきさんも 口利きしたんか知らんけど・・・・。

本当に異常気象ですね。
桜もさつきも満開です。
(笑)

三風師匠お得意の時事ネタで笑わせる。
(^_^)



演目は、
『鉄砲勇助』



続いて、桂三語さん。



何やかんやいうて 日本は平和ですね。
この時期なると、忘年会があってめっちゃお酒飲むじゃないでか。
僕は夜の仕事の後なんか 飲まないこともあるんで 大阪駅を降りると 酔っぱらいだらけなんですよ!
酔っぱらいと、服を着た犬を見ると、日本は平和やなって思うんです。
(笑)
万博も決まりまして、12時ぐらいですか決まったのが。
道頓堀にめちゃくちゃ人が集まって、その時も酔うた人が大勢で騒いでたらしいですが、テレビに映らんところに ベロベロに酔っぱらった赤井英和さんがいたらしいです。
(笑)
その赤井英和さんと ダルマの社長が暴れまわっていたそうです!
(笑)

そのあとも万博ネタで笑わせる。
(^_^)



演目は、
『青い瞳をした会長さん(三枝作)』



続いては、桂三扇さん。



オープニングでご紹介いただきました、桂三扇 (かつら さんせん) でして、文枝一門では女は一人でして、三枝の時に入門しましたので三扇とつけていただきました。
今日は 初めて七複座に寄せてもらいましたので ちょっと緊張しているんです。
(⌒▽⌒)アハハ!

何が起こるかわからないんですよ、緊張しているときは。
ですから、皆さん 温かい目で お願いしますね。
笑い納めって言うてましたから、頑張って笑ってくださいね。
(笑)

人生100%に換算しますと、幸せ50%で 不幸が50%で ええことと悪いことは同じだけ経験して寿命を全うするって データに出てるんです。
これが、ハッハ とお腹から笑うと 幸せが 50%のところが64%に増えるそうです。 
ハッハ(8×8) 64って。
(笑)
シクシク 泣いてばかりいると 幸せが減っていくんです。
シク(4×9) 36って。
(笑) (/^ー^)/"""パチパチ

ということで、皆さん頑張って 笑ってくださいね!

このあとも、山代温泉やキャバレーでの営業ネタで大爆笑!



演目は、
『じいちゃんホスト(三枝作)』



仲入りのあとは、着物を変えて 再度 三風師匠。



もう一席 聞いていただきまして、お後 抽選会でお楽しみいただきたいと思います。

大阪万博が決まりまして、この話を姫路でしても そんなにどうでもええと思うんですけど、ただ繁昌亭で 「大阪万博決まりましたね!」 って言いますと、ワーーー って盛り上がるんです。
えらいもんやな、期待度が高いんやな って思って、この次に 喜楽館でやったら 「シー―ーン」 ってしてましたね。
(笑)
なんや大阪だけやんって思いましたね。

前の万博を知ってるって方は どれぐらいいますか?
えらい高齢化社会やな!
(笑)

その当時は、私も大阪の茨木に住んでいまして、会場の隣に住んでいましたので 48回行きました!
(ノ゚ο゚)ノ オオォ-

ここから、万博の話で盛り上がる。



演目は、
『農といえる日本』



最後は、お楽しみ抽選会。



三風師匠と 三扇さんが 高座に登場。
三語さんは プレゼンター。

いつもは抽選会なのですが、今回は ナンバリングを忘れたため、三扇さんとのじゃんけん大会。



繁昌亭のそばの 薫々堂の『ちりとてちん』 というお菓子。
これはどら焼きのようやけど ちょっと違うんですが・・・、腐った豆腐は入っていません。
(笑)
これと、三語さんと私の千社札、 これをワンセットにして3名様。
それと、今日は冬至ということで、薫々堂の柚子餅のセットをお一人に。

三扇さんのじゃんけんに 勝った人にプレゼントでした!

これらは いつも三風師匠 自ら買って持ってきてくださります。
(^-^)

このように、三風の西二階町寄席は とっても楽しい落語会です。
ぜひ、足をお運びください。

次回は、
平成31年2月10日(日)
出演、 桂三風 桂三語  ゲスト 桂三歩

第111回七福寄席 露の都 桂小留 平成30年12月19日(水) ①大入り

一週間前の天気予報では雨でしたが、今回もいい天気。
(^_^)
朝の早い時間から たくさんのお客様に並んでいただきました。



12時開演の第1部は、満員御礼!
ありがとうございました。





まずは、桂小留さんから。



ただいまから開演ですが、こちらに私の名前が書いてあります。
こう書いて 『かつら ちろる』 と いいます。
名前を言うただけで 客席がざわつくという・・・。
これで チロル と読むんですが、皆さんの気合と根性で読んでください。

弟子の名前は 師匠が付けるわけですが、
師匠は 桂小枝で・・・、名前を言うだけで笑われるという・・・!
(笑)
元探偵で、現在は不動産屋をしています。

師匠が 小枝で 弟子が チロル
小枝チョコレート チロルチョコレート こういうことになっています。
これが私の笑いのピークですよ。
(笑)

何がいいって、七福座のお客様はひじょーに年齢層が若い!
チロル というだけで 笑いが出る。
聞こえているだけいいですね。
老人ホームやデイサービスに行ったら、果たして聞こえているのやら?
(笑)

ここから老人ホームネタで会場を沸かせる。
(^_^)



演目は、
第1部が、『二人癖』
第2部は、『ん廻し』



続いて、露の都師匠。



上方落語協会 女性部 部っ長~ 露の都です!
(^_^)
全国では女性の噺家が50人以上、大阪だけでも20人近くいます。
文枝師匠が会長になった時に、女性部をつくっていただいたのですが、『女性部』 っていうのは 堅苦しいので、
『上方笑女隊』 とつけてもらいました。゛
(笑)
毎年3月3日には、女性噺家ばかりで 笑女隊として 繁昌亭でやらせてもらっています。
18の時に、2代目露の五郎のところの門をたたいたわけですが、高校生のころからセーラー服を着て師匠のところをウロチョロしてると、師匠が 「まりちゃん」 って・・・、私の名前は 『まりこ』って申します。(笑)
旧姓が 小田 っていうんです、『小田まりこ』 っていうんです。(笑)
なので小さいころは 友達から 「おだまり! おだまり!」 って言われました。
その反動で こういう仕事になったんやと思いますが。
(笑)

この七福寄席って、お客さんは男性が多いんですね。
楽屋にモニターがあって、客席が見えるんですけど、ほんまに男性が多いんですね。
やっぱり 私がきれいやから?
(笑)
男性が多いと、私に見とれて 笑わんのよ!
(笑)

独特の、おばちゃんトークで 会場大爆笑!
(^_^)



演目は、
第1部が、『初天神』
第2部は、『堪忍袋』


次回は、平成31年1月16日(水)
笑福亭学光 桂三実

お楽しみに

第16回 姫路福福寄席 笑福亭枝鶴 桂しん吉 桂二葉 平成30年12月1日(土) 大入り


いつも満席の福福寄席にしては、この日は若干の空席が。
(^^;)


まずは、桂二葉さんから。



はい、ありがとうございます。
(笑)
二葉さんの挨拶の声だけで、笑いが起きる。

二 に 葉っぱで 『ふたば』 とも読めますが、『によう』 です。
樋口一葉みたいに 賢くなれと 覚えて帰ってください。
(笑)

初めに、携帯電話の電源だけはお切りくださいね。
京都の落語会で、京都はお上品やから鳴らへんやろなぁって思っていたら、鳴りまして。
おじさんやったんですけど、切るんかと思ってましたら、出まして話し始めたんです。
その声がだんだん大きくなって、ずーーーっと喋っていまして、だんだん周りの人も私の話よりも そのおっちゃんの話を聞くようになりまして、私のほうが小声で落語をしました。
(笑)

上方落語には270人の噺家がいて、女性も増えて20人いるんです。
その中でとりわけ 声が高い噺家が私で、最近は上方落語会の 白木みのる と呼ばれています。
(笑)



演目は、
『牛ほめ』



続いて、桂しん吉さん。



続きまして、桂しん吉と申しまして、こちら(名ビラを指さし) けっして 桂あ~ん吉ではありませんので。
(笑)
僕は子供のころ、落語を知る前は電車が好きでして、今でも好きなんですが、電車に乗って仕事に行けるだけで幸せでして。
乗り鉄・・・、鉄道ファンは細かく分けるのが好きで、乗って楽しむのが『乗り鉄』 でして、カメラで写真を撮るのが好きなのが、『撮り鉄』 といいまして、僕の場合は乗り鉄と撮り鉄を兼ねているんで、『兼ね鉄』 といってます。
(笑)
子供の時分は、大きくなったらいつかは阪急電車になりたいと思っていまして・・・。

ありがたいことに、噺家というのは あっちやこっちに寄してもらいますから、昨日も繁昌亭に寄せてもらいまして今日はこちらに来させてもらいまして、明日は京都に行かせてもらい、明後日からはしばらく自宅待機・・・。
(笑)

ここから、いろいろと鉄道の話で 会場を沸かせる。



演目は、
『みどりの窓口』


後で聞いたところ、電車のダイヤが変わると、列車の時間やルートも変えるそうです。
(◎_◎;)

本物のオタクです!
(笑)


トリは、六代目 笑福亭枝鶴 師匠。



あっという間に12月、師走の1日でございます。
福福寄席も16回、次回17回ですが5月にやります。
ここに入ってビックリしましたが、『今年最後の』って書いてあるんです。
平成も最後ですね、来年の5月の寄席では、違う元号ですからね。
なんや思います?
(笑)
私らの仲間内では、頭文字だけ予想してるんです。
『Y』 ちゃうか? いうたら、『T』 と 『Y』 間違うで!
言うとったら、『V』 ちゃうか?
(笑)
『V』 ちゃうやろ~ そら難しいで。
そんな漢字あてはめられへんし。
『K』 ちゃうか? 『開』 と書いて 『かい』 と読めるし。
こんなんことずっと言うてるんです。
(笑)

でも絶対に漏れへんのですね。
今 困っているのがカレンダー屋さんですね。
仕方ないので西暦だけで出そうかいうてるらしいですね。
(^^;)
ついこないだ小渕さんが、『平成』って出したんですよ。
それから30年たっています。

ここから、泉重千代さん、金さん銀さんや、松鶴師匠に弟子入りしたころの家賃の分割話で大爆笑。



演目は、
『借金取り撃退法』



今回は、終わった後にお楽しみ抽選会。



プレゼンターに 二葉さんが登場。

枝鶴師匠の千社札シールや手ぬぐい、撮り鉄のしん吉さんの写真カレンダーなどプレゼント。
(^-^)

次回は、5月25日(土)

プロフィール

姫路 西二階町商店街

Author:姫路 西二階町商店街
姫路の老舗商店街
西二階町商店街

新名所誕生『七福座』

空き店舗を活用し、西二階町商店街に『七福座』という 多目的ホールができました。
姫路で落語といえば西二階町!
商店街の活性化のためにはじめた毎月一度の落語会(七福寄席)は、大変盛況です。
その他、お笑いライブ『ひめクリ』(第1水曜日)や野菜市『林田新鮮市』(第2、4水曜日)など開催して賑わっています。
またいろいろな教室、発表会の場としても、ご利用いただけます。
七福座支配人
   垣内睦彦

お問合せ先
西二階町商店街振興組合
079-224-6341
info@nishinikaimachi.com


西二階町商店街のホームページもぜひご覧ください。
www.nishinikaimachi.com

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

FC2カウンター

FC2ブログランキング

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © 姫路 西二階町商店街