FC2ブログ

第1回 月亭秀都の 『金曜ワンコイン寄席』 出演 月亭秀都 月亭希游 令和元年7月26日(金)

姫路出身の月亭秀都さんの新しい落語会の第1回目です。

ちょっと寂しい客席ですが、20人ぐらい入っていただけたらって言っていた ちょうどその人数。
(^_^;)


まずは、月亭秀都さんから。



初めての試みでして、ワンコインで毎月やらせてもらおうかと思っています。

10人以下の時を、「つ離れせえへんかった」 っていうんですけど、今2人増えたんで20人ほどになりましたから、万々歳です。
(^_^)

清荒神で同期の白鹿さんと一緒にしたときのおもしろ話を。
(笑)




演目は、『金明竹』


続いて、月亭希游さん。



月亭游方の弟子の 月亭希游といいます。
若手ゲストということで、どんなンが出てくるのかと期待していたでしょうが、すんませんね、こんな中途半端な 夏バテ気味の 内村航平が出てきました。
(笑)
( けっこう似ている! )

もっと似ているのは、にしざわ よしあきです。
ご存知ないですかね、にしざわよしあきさん。
(・・?    ( 誰だろう?)

うちの父親なんですが・・・。
(笑)
トラックの運転手をしています。

僕は顎関節症でして、固い物を噛むとあごが痛くて・・・。
もし しゃべっているときに、あごが カクーーンと外れたら困りますんで、下から支えながら喋らせてもらいます。
(笑)



よく声が通って、聞きやすい!
(^_^)

新作と古典とどっちしましょ?って客席に聞いて、古典を。

演目は、『時うどん』


トリは、月亭秀都さん。



着物を着換えて出てきました。
着物を、2着持ってきたせいで、帯を忘れました。
手ぬぐいを、帯代わりに使っています。
(笑)

私も、新作と古典 どっちをしましょ?
といっても、古典しか知らないんですよね。
(笑)

この寄席は、吉本をとおしていません。
いわゆる闇営業でして、こういうのを 直で行く っていうんですが、500円じゃぁね。
(^_^)

事務所とおしていたらろくな仕事が来なくて、三朝温泉で40日間とおして2回公演するという住みます芸人を・・・。
その時の話を面白く紹介!



演目は、『転失気』

次回は、8月23日(金)
出演は、月亭秀都 笑福亭竹吉

お楽しみに!
スポンサーサイト

第118回七福寄席 桂文也 露の新幸 2019年7月17日(水) ①大入り

週間天気予報では、傘マークもありましたが、いい天気となりました。
(^_^)


まずは、露の新幸さん。



先ほど世話役さんから説明がありましたが、もう一つお願いがあります。
笑ってくださいね。
(笑)

携帯切って下さいねって言っておられましたが、最近着信は大丈夫なんです。
たまに目覚ましが鳴るんです。
おかげで、寝ていたお客様が起きました。
(笑)

入門して 4年半でして、入門してすぐの時に 師匠のかばん持ちで ここに寄せていただきました。

その時のブログに新幸さんがお茶子をしている様子も載っていました。
リンク
興味があったら ご覧ください。
(^_^)



第2部でも これだけ入って下さり ありがとうございます。
沢田研二さんやったら、少なかったら帰りますからね。
(笑)
熱中症予防には 早め早めに水をとりますね。
笑いもこまめに笑ってくださいね。
何が言いたいかといいますと、笑ってほしいんです。
(^_^)

演目は、
第1部が、『時うどん』
第2部は、『狼講釈』


狼講釈は、七福座の初演目ですね!
写真じゃわかりにくいですが、1部と2部で衣装替え。
ありがとうございます。


続いて、桂文也師匠。



文也師匠は、2度目のご出演。
(^_^)

先ほどの新幸さん、まだ新人でハツラツとした舞台、いいですね。
これから落語をしようという若い方が増えていまして、今は300人近くなってきてるんですね。
東京のほうも落語ブームで人数が増えて、500人を超えているそうです。
両方たすと 880人ぐらいいるそうですね、噺家が日本中で。
この880人が多いのか少ないのか、ある動物関係者の方に聞きましたら、マウンテンゴリラがちょうど 880ぐらいいるそうです。
(笑)
絶滅危惧種でして、狩猟ができないと。
殺しちゃいけないそうなんです。
我々はどんどん ○○○いただいて結構なんですけど。
(笑)
プロ野球の選手も、800~900人ぐらいらしいですね。
同じプロの世界で、一緒なんですね。
ところが、年俸で考えますと、我々噺家全員が ヤンキースの田中選手にかなわないという・・・。
(笑)



芸のためなら女房も泣かす~、 今の嫁は泣きませんからね。
飲む・打つ・買う も 今の時代あきません、コンプライアンスの世界ですから!
(笑)
飲むというたら、グルコサミン。
打つというたら、針ですかね。
(笑)
買うというたら、尿漏れパンツですね。
高座で大きな声出したら、『あっ!』 って。
(笑)

演目は、
第1部が、『青菜』
第2部は、『悋気の独楽』





終わった後は、たくさんの方が写真を撮られたり、サインを求められたり。
(^_^)


次回は、8月21日(水)
出演 桂宗助 笑福亭呂好

お楽しみに。

第117回七福寄席 桂枝光 月亭八織 2019年6月19日(水) ①大入り

今回も天気は良く、第1部は満員御礼となりました。
(^_^)




最初は、月亭八織さんから。



月亭八方 7番目の弟子、月亭八織(はおり)といいます。
よろしくお願いします。
この七福座に出るのが小さいころからの夢でした。
(笑)
夢がかないまして、すごいお客様がぎっしりですね、ホントにありがたいなと思うんですが、
なんと七福座で落語するのも、姫路で落語するのも初めてでして、どんなところだろうとドキドキしていましたが、皆さんのお顔を見ますと安心しました。
(笑)

関西の落語家が270人いるんです。
そのうち女性がなんと たった20人なんです。
日本の天然記念物の トキ、あれ日本で140羽いるんです。
なので、どんだけ貴重か。
(笑)
そんな中で、どんな時でも ネタにかかわらず袴を穿いているのが 月亭八織ただ一人なんです。
『はおり』 という名前ですから、師匠が羽織袴を穿きなさいということで、師匠に買って頂きました。
その時の話を、面白おかしく お客様は大爆笑。
(^_^)



演目は、
第1部が、『いらち俥』
第2部は、『金明竹』


第1部のネタでは高座の上で飛び上がり 後ろ向きになるシーンも。
(笑)

第2部では、
兄弟子の1人に 落語より街歩きの得意な 八光兄さんがいまして・・・。
と、八光さんの家族の話題で 会場を沸かせた。
(笑)


続いて、桂枝光師匠。



出てまいりましたのが、私 芸名が桂枝光 本名を えなりかずき と言います。
(笑)
上から拝見しますと大入り満員でして、きれいな方から いろんな方がおいででして。
(笑)
笑いは健康にいいといいますが、意外とこちらサイドは病人が多いんです。
一番多いのは、膝を痛めている落語家ですね。やはり正座が原因でしょうか、ある落語会でしゃべっていますと、お客さんが笑っている以上に 膝が笑っているんです。
無理に立たなくてもいいんですが、立ったもんですから 舞台から転げ落ちたんです。
そしたら、お客様が、
『らくごしゃや(落語者や)!』 っと
(笑)

令和になって初めてやらせてもらったのが、子供会やったんです。

ここから、小ネタを連発!
会場のお客様は大爆笑!
(^_^)



演目は、
第1部が、『ねずみ』
第2部は、『崇徳院』


第2部では、
上から見ますと 第1部と同じ顔がいくつか見えます。
1日のうちに 2時間も聞いたらあほになりますよ!
大阪のおばさんのおもしろネタや おもしろ歌の紹介で大爆笑。

ネタ中にも色々と面白話をぶち込んで、とっても面白かったです!
(^_^)



この日は、サインを求めるお客様も多かったし、八織さんがかわいいから、写真を撮る行列もできました。

次回の七福寄席は、7月17日(水)
出演は、桂文也 露の新幸
お楽しみに。

特別のお知らせ。
桂枝光さんと、月亭八織さんの二人会の落語会が 七福座で開催されることが決定しました。
第1回は、9月9日(月) 予定です。 
スペシャルゲストも用意されるそうです。
こちらもお楽しみに。


第5回 南天・花丸 落語会 桂南天 林家花丸 2019年年5月26日(日) 大入り

今回も、満員御礼となりました。


まずは、林家花丸さんから。



たくさんお入りいただきまして ありがとうございます。

前、この会をやらせてもらった時は 平成でした。
今回令和になりまして初めての会でして、令和 ラ行で始まる名前になるとは思っていませんでしたね。
ここから 令和 で盛り上げる。
(^_^)

南天さんと同期でして、平成3年組で 同期が8人いたんですが、1人 どっかもっとええ世界に行きまして、7人なんですが。
もうずいぶん月日が経ちました。
お互い、師匠のところにいたときの話なんかするんですけど・・・。
師匠のご飯をつくるのが弟子の仕事で、初めて作ったのが・・・。
この話は 面白かったぁ。
(^_^)



演目は、『狸の鯉』


続いて、桂南天さん。



おかげさまで、今日はちゃんと着物を持ってこれました。
(笑)
前回の、着物忘れた事件で 会場を沸かす。
(^_^)

この後は、南光さんのお弟子さんやということで、色々とええ店に 食べに連れて行ってもらったりする話で盛り上がる。
(^_^)




演目は、『ちりとてちん』


続いて、中トリは 花丸さん。



ソデで聞いていますと、笑い声を通り越して、 ヒーーッ って鳴き声も交じっていましたね。
南天さんも女性を泣かすようになりましたね。
(笑)
以前は、よう 泣かされていましたけど。
(^_^)

この後の話に、何の関係もないんですけど、初恋の人が ひだかあつこ って言いまして・・・。
(笑)
友達との甘酸っぱい青春で大爆笑。




演目は、『肝つぶし』

今日の花丸さんのネタは 2本とも 七福座の 初ネタでした。
ありがとうございます。
(^_^)


仲入りの後は、 南天さん。



次回は、8月31日(土)の2時からです。
よろしかったら、お帰りの際に ご予約お願いします。
3か月後になりますので、覚えておく自信のある方はどうぞ。
(笑)

最後は、夫婦の話で・・・。



演目は、『火炎太鼓』



次回は、8月31日(土)です。
お楽しみに。

第3回 かい枝・阿か枝 らくご会 2019年5月19日(日) 桂かい枝 桂阿か枝

今回で第3回目の かい枝さんと阿か枝さんの二人会です。
まずは、お二人でオープニングトークから。



か: いい感じに入って下さり。
阿: 毎回どれくらい入って下さるのか、心配ですね。ゴールデンウィーク明けで皆さん燃え尽きてらっしゃるかもしれない。
(笑)
か: お財布的にもそうですよね。
   1回目が去年の9月で、40人ほど、 次が1月で80人ぐらいで倍ぐらいになりましたね。
   さらにということで、今日は160人ぐらい・・・。
(笑)
阿: 150弱ぐらいのお客さんが・・・。
か: だいぶ 弱 や!
(笑) 

この後は、かい枝さんはオシャレやけど、阿か枝さんの入門当時のファッションで大爆笑!
(^_^)

今回は かい枝さんが、明日から 『繁昌亭大賞受賞記念ウィーク』 でトリもとられるということで、3席落語をすることに。
(^_^)


まずは、桂かい枝さんから



この季節になると、電力会社から節電の案内が来ます。
待機電力も大きいということで、32型のテレビのコンセントを抜くだけで節約になるそうで。
毎日やると、年間で 80円もお得になると!
(笑)
そんなんやったら挿しといたほうが 身体にええと。
(^_^)



今はエアコンもありますが、長屋というのはそれだけでも暑苦しくて、逆に涼しいのは大きなご大家で 庭も広くて・・・、

演目は、『青菜』


続いて、桂阿か枝さん



明石に住んでいますから、姫路は大阪へ行くより近いんです。
こちらへ来るときに、みゆき通りを歩いていますと、チケットぴゅあ ってのがありまして、明石までを見たら620円だったんです。
普通に買うと670円なんで、帰りは50円安く帰れると喜んでいたら、その向かいに、コーナンチケット というのがありまして、姫路ー明石が 600円やったんです。
皆さんもチケット買うときには、市場調査してくださいね。
(笑)

ここからは、相撲の話、面白い四股名で大爆笑!
(^_^)



演目は、『大安売り』


続いて、かい枝さん。



会場を見まわしますと、ご夫婦でお越しのお客様もいらっしゃいますね、ご不幸なことで。
(笑)

アンケートによると、20代の奥様は、80%が もう一度同じ人と一緒になりたいと思ってるらしいです。
男は、20代も50代も 50%の人がまた一緒になりたいと。
それが、女性の場合、60代になると 80%の人が一緒になりたくないらしいですね。
(笑)
私も、20代のころは 愛くるしい 愛くるしい って思っていましたが、
今では、暑苦しい、暑苦しい って・・・。
(笑)

演目は、『子はかすがい』


仲入りのあとは、阿か枝さん。



今は使ってはいけない言葉というのがありまして、落語を聞くにはその言葉を使った方が 時代背景とかわかってよかったりもしますが。
NHKですと、商品名を言うたらあかんらしいですね。
『ポッキー』とかなら これは言うたらあかんやろなぁって思いますが、
『マジック』 これは フェルトペン って言わなあかんのです。
『テトラポット』 これも商品名ということで、 消波ブロックと。
『ゴールデンウィーク』 これは映画業界の言葉らしいので、 大型連休って言わなあかんらしい。
(笑)

演目は、『猿後家』


トリは、かい枝さん。



もう1席だけお付き合いください。
私が終わりますと、皆様お待ちかねの 流れ解散という。
(笑)
寄席だと入れ代わり立ち代わり いろんな顔が出てきますが、
メラビアンの法則というのがあるらしいんですが、人間の第一印象というのは 初めて出会って、3秒から5秒で決まるということらしいです。
それもほとんどが 見た目、視覚情報らしいです。

ここから、見た目の面白話で 会場を沸かせる!
(^_^)

人間は外見を気にするということですが、落語のほうでもそういう人がいまして、

演目は、『首の仕替え』


次回は、9月21日(土)です。
お楽しみに!

プロフィール

姫路 西二階町商店街

Author:姫路 西二階町商店街
姫路の老舗商店街
西二階町商店街

新名所誕生『七福座』

空き店舗を活用し、西二階町商店街に『七福座』という 多目的ホールができました。
姫路で落語といえば西二階町!
商店街の活性化のためにはじめた毎月一度の落語会(七福寄席)は、大変盛況です。
その他、お笑いライブ『ひめクリ』(第1水曜日)や野菜市『林田新鮮市』(第2、4水曜日)など開催して賑わっています。
またいろいろな教室、発表会の場としても、ご利用いただけます。
七福座支配人
   垣内睦彦

お問合せ先
西二階町商店街振興組合
079-224-6341
info@nishinikaimachi.com


西二階町商店街のホームページもぜひご覧ください。
www.nishinikaimachi.com

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

FC2カウンター

FC2ブログランキング

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © 姫路 西二階町商店街