FC2ブログ

第4回『姫路福福寄席』 笑福亭枝鶴 桂米紫 林家愛染 平成25年12月7日(土)

さて早いもので、姫路福福寄席も第4回目となりました。

今回はたくさんのチケットが売れたらしく、開場前からたくさんのお客様が並ばれました。

最初に一人で来られていた方が友達を連れてくるという、いい感じになっているそう。
(^ー^)

NCM_3764.jpg
会を重ねるごとにお客様が増え、そろそろ入場をを制限しなければならないかも・・・。
(^_^!)

NCM_3767.jpg
まずは、林家愛染さん。

開演で林家愛染さんが高座に上がると、めくりがまだめくれていなかった。

愛染さん自身でめくりを捲ることに。
(^_^!)

「あいせん」とか、「あいぞめ」とか呼ばれることがありますが、「あいそめ」です。
わからなかったら、「ラブリン」って呼んでください!
(笑)

NCM_3771.jpg
七福座には、1年前ぐらいに七福寄席で出演させていただいたが、その時と違って、駅前が工事中でした。
一年で、ころっと変わるんですね。

今回は2回目と言うことで、スタッフの方から

「愛染さん、喉が渇いたでしょう、お茶をどうぞ。」って出され、
「愛染さん、お腹空いたでしょう、お菓子をどうぞ。」っていただき、
この時のお菓子が「兵糧餅」っていってとっても美味しかったんですが、一番最後に出てくる人だけは美味しいって言わなかったんですよね。
(笑)
出てきたら、皆で説教してください!
(笑)

またスタッフの方から、
「愛染さん、懐がさむそうだから、これをどうぞって、お小遣いをいただきました・・・、って言ってくれとスタッフの方に頼まれました。」
(笑)

NCM_3772.jpg
演目は、『ろくろ首』

夜も更けて、時刻がまいりますと、首がそれへさして……、ズーーーンと伸びる!

その時裏から、タイミングよく鳴り物の太鼓が、ドドーーーン!

うーん、すごい迫力!
やっぱり鳴り物がちょっと入るだけで、噺が面白くなりますね!
(^ー^)


続いて、桂米紫さん。

NCM_3785.jpg
噺家になって20年になるんですが、この会場が一番いいですね!
明日違う会場に行ったら、また同じことを言うんですけどね。
(笑)

3年前に米紫になったんですが、前の名前を言うのが嫌なんですよ。
(^_^;)

「桂とんぼ」だったんですよ。
(笑)

師匠は塩鯛なんですが、改名する前は都丸だったんです。
弟子は、師匠から一文字頂いて名前を付けていただくんです。
通い弟子だったんですが、一月ほどしたときいつもは奥にいる師匠が玄関にいて、「お前は今日からとんぼや。」って言われました。って。
(笑)

皆さん、ええ名前やんかって思う人もいるでしょ。
それは、虫の名前がついたこと無いからわからないんですよ!
(笑)

「とんぼ」という名前のとっても面白い話を2本、マクラで聞かせてもらって会場は大爆笑!
(爆)

ぜひ、米紫さんの出ている落語会で聞いてみてください。
面白いですよ!
(^.^)

NCM_3780.jpg
演目は、『秘伝書』

ネタに入っても、いまいちお客さんのノリが悪いと見るや、
「ちゃんとノッてこんと~。」
「私が終わらんと、枝鶴が出てこうへんで~!」
会場が割れんばかりの大爆笑!
(笑)


最後は、笑福亭枝鶴師匠。

NCM_3798.jpg
枝鶴師匠が出てくるとお客様から、
「待ってましたぁ!」
の掛け声。
(^.^)

うれしいですね、でも待ってくれているお客さんばかりじゃないですからね。
今日は落語3席ですが、今みたいに地域寄席が無い頃は、島之内寄席で11本っていうのがありましたからね。
出る場所が無いから、できたら皆で出よってなって、出る噺家は幸せなんですよ。
でも、聞くお客さんは不幸せなんですよ!
(笑)
お客様の掛け声からも笑いに持っていく。

NCM_3789.jpg
枝雀師匠が独身のときに弟子(南光)を取ったそう。
入門当時は、べかこさん。

そうこうしている内に、枝雀師匠が結婚しようかということになったときに、弟子のべかこさんに相談したそうです。
「あなたが気に入らないなら、結婚しません。」って。
べかこ兄さんも、入って半年、嫌なんて言えないはずなんですよね。
(笑)

そこから、
噺家は、内弟子、通い弟子にかかわらず、おかみさんの手伝いをするから皆料理が上手なんですって。
いまどきの女性よりも・・・。
(笑)

「カレーで隠し味でチョコレートを入れたり、」
お客さんの「へーーー。」って反応に、
「みんな、入れへんか?」
(笑)

いろんな料理談義も。
(^.^)

NCM_3795.jpg
演目は、『尻餅』

マクラから、綺麗な流れでネタに入る!
(^.^)

賃搗き屋が長屋に入ってくるところも情景が目に浮かぶようでした。
また、奥さんのお尻で餅をつくところも、手でリアルな音を!
(笑)
面白かったぁ。

NCM_3803.jpg
落語会が終わったら、枝鶴師匠によるお客様のお見送り。

七福寄席では、お客様が外に出るのが早いのですが、この福福寄席ではお客様はゆっくりと出てくるんですよね。
やっぱり1500円の元を取ろうとしてゆっくり出るのかな?
(笑)

NCM_3815.jpg
次回の、第5回姫路福福寄席の開催は、またまた5ヵ月後の、平成26年5月17日(土)です。
お楽しみに!
(^.^)

NCM_3816.jpg
終わったあと、ビール片手にしばらく皆で歓談。
このときの愛染君の会話から、小山事務局長の奥さんが都さんだと知りました。
ちょっとびっくり!しました。
(@_@;)
(笑)

今回も楽しかったぁ。
(^.^)
スポンサーサイト



プロフィール

姫路 西二階町商店街

Author:姫路 西二階町商店街
姫路の老舗商店街
西二階町商店街

新名所誕生『七福座』

空き店舗を活用し、西二階町商店街に『七福座』という 多目的ホールができました。
姫路で落語といえば西二階町!
商店街の活性化のためにはじめた毎月一度の落語会(七福寄席)は、大変盛況です。
その他、お笑いライブ『ひめクリ』(第1水曜日)や野菜市『林田新鮮市』(第2、4水曜日)など開催して賑わっています。
またいろいろな教室、発表会の場としても、ご利用いただけます。
七福座支配人
   垣内睦彦

お問合せ先
西二階町商店街振興組合
079-224-6341
info@nishinikaimachi.com


西二階町商店街のホームページもぜひご覧ください。
www.nishinikaimachi.com

カレンダー

11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

FC2カウンター

FC2ブログランキング

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © 姫路 西二階町商店街