FC2ブログ

第71回七福寄席 笑福亭仁扇 桂咲之輔 平成27年8月19日(水) 大入り

この日は、雨が心配されましたが、曇り空でした。
入場券の販売の時にはたくさんのお客様に並んでいただけました。



お盆明けで集客が心配されましたが、今回も、午前の部・午後の部共に、大入りとなりました。


まずは、桂咲之輔さんから。



お客様の拍手の中、高座に上がり拍手が終わると、
「鳴りやまない拍手、ありがとうございます。」
ははは~。

咲之輔さんは七福寄席に2度目の登場。
「今回が、71回目ということで、私は2011年の5月に出演させていただいたことがあります。
その時見たよっていう方は拍手をしてください。」
シーーーン。
「嘘でも拍手してくれてもいいんですよ。」
(笑)

「見台は、落語の中で場面を変えるときや、シーンを帰るときに使うんですが、寝ているお客さんを起こすのにも時々使うんです。」
(笑)
今回のネタは、見台や膝隠しを使う予定じゃないんですが、上がってみたらあったんですね。

と言って、見台をわきに除けた。
(笑)



演目は、
午前の部は、『いらち俥』
午後の部が、『親子酒』


いらち俥では、熱演で着物の裾が乱れると、横にのけた膝隠しを前に戻し、客席の笑いをとった。
(笑)


続いて、笑福亭仁扇師匠。



「私は幻の噺家です。
テレビやラジオに頼まれても出ないんです。
えらいもんですね~、向こうもいうてきません。」
(笑)

山口から出てきた岩本君と二人で入門したんですけど、まず岩本君が名前をもらって、
仁鶴の 仁 に 燕(ツバメ)をつけて 仁燕(にえん 2円)・・・
安い名前 もらいよったなぁって思ったら・・・、仁扇(にせん 2銭)って。
(笑)

岡山のノースビレッジに 『元気くん』って牛がいるんです。
台風の洪水で、津山から牛窓まで90キロ流されて救助された牛なんですが、ほんまなら食われてしまうとこなんですが、奇跡の牛ということで 現在17歳ぐらいらしいです。
「牛って何年生きるんですか?」って聞いたら、
「食用の牛は 死ぬまで飼うたことがないから知らん!」って。
ブラック~。
(笑)

私はガンで、ステージ4までいったんですが・・・。
仁扇師匠は、S字結腸ガンで、前兆としてお尻から血が出たらしいが10カ月ほっておいたらウンコが出なくなったと。
(^_^;)

病院での慰問落語会でのおもしろ話や、いろいろな病気ネタでお客様を笑わせる。



演目は、
午前の部が、『壺算』
午後の部は、『看護婦 中川さん』 
(作:仁扇)

『看護婦中川さん』 はすごくおもしろく、爆笑の連続でしたが、午後3時を回るとお客様が二人ほど席を立たれると 師匠が気を遣って、
「今日はこの辺で・・・。」
「また機会があったら最後まで聞いてください。」

残念、とってもおもしろかっただけに残念だったなぁ。



終わった後は、恒例の送り出し。

お客様が満面の笑みで師匠に握手を求めた いい写真なのですが、プライバシーの問題でモザイク処理しています。
(^-^)



来月は、9月16日(水)
出演は、笑福亭生喬・桂文三
入場券が売り切れますとご入場いただけません。
早めのご来場をお待ちしています。

プロフィール

姫路 西二階町商店街

Author:姫路 西二階町商店街
姫路の老舗商店街
西二階町商店街

新名所誕生『七福座』

空き店舗を活用し、西二階町商店街に『七福座』という 多目的ホールができました。
姫路で落語といえば西二階町!
商店街の活性化のためにはじめた毎月一度の落語会(七福寄席)は、大変盛況です。
その他、お笑いライブ『ひめクリ』(第1水曜日)や野菜市『林田新鮮市』(第2、4水曜日)など開催して賑わっています。
またいろいろな教室、発表会の場としても、ご利用いただけます。
七福座支配人
   垣内睦彦

お問合せ先
西二階町商店街振興組合
079-224-6341
info@nishinikaimachi.com


西二階町商店街のホームページもぜひご覧ください。
www.nishinikaimachi.com

カレンダー

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

FC2カウンター

FC2ブログランキング

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © 姫路 西二階町商店街