FC2ブログ

第125回七福寄席 林家菊丸 桂鯛蔵 2020年2月19日(水)

寒い中、たくさんのお客様にご来場いただきました。
(^_^)


まずは桂鯛蔵さんから。



いよいよ開演でございまして、まずは桂鯛蔵の方からお付き合いをお願いいたします。
コロナが蔓延していまして、政府から不要不急の外出はお控えください言われているさなかですよ。
(笑)
これだけのお越し、ありがとうございます。
久しぶりに七福寄席に呼んでいただきましたが、落語会なんかその不要不急の最たるもんですからね。
(笑)
どうですか、このマスク率の高さ。
怪しい団体みたいですね。
(笑)

落語は弱い芸でして、騒音、振動、断末魔に弱いんです。
(笑)
寒い時は中に入ると暖かいんで、寝る方がいらっしゃいます。
寝るぐらいはいいんですが、いびきが困るんです。
大阪の落語会で一番前でいびきをかいて寝ているお客様がいまして、隣のお客様が注意してくれてるのはいいんですが、注意の仕方がおかしいんです。
「ちょっとあんた、あんた、うるさいですよ。
私ら寝てられへん!」
(笑)

テンポのいい口調で 学校寄席の話や不倫ネタの話で盛り上げる。
(^_^)




演目は、
第1部が、『紙入れ』
第2部は、『牛ほめ』



続いて、林家菊丸師匠。



大阪は淀川区塚本に住んでまして、JRの尼崎と大阪駅の間にありまして、近所づきあいが多い街でして。
近所づきあいが希薄になりつつあるご時世ですが、うちの町内は行事がいっぱいあるんです。
春は日帰り旅行に行くんです。
夏は子供向けに 肝試しをやったり。
秋は小学校のグランドを使って運動会。
年末は 餅つきやったりと。
私もこういう仕事していますが、なるべく町内の行事には参加させてもらうようにはしているんです。
というのが、参加しないと 村八分にされるんですね。
(笑)
去年の日帰り旅行、伊勢志摩に行かせてもらったんですけど、近鉄特急でシートを回転させて4人掛けの席に私一人と後おばちゃんが3人座ったんです。
すごかったですよ!
(笑)
そのうちの1人が、前日にパーマを当ててきたらしいんですが、あたりが強すぎたようでカリフラワーみたいになっているんです。
(笑)

そのおばさんがトイレ行った後の面白話や、ご近所の人たちのおもしろ話で、笑わせる。
(^_^)




演目は、
第1部が、『竹の水仙』
第2部は、『幸助餅』







第2部の開演前には、菊丸師匠と鯛蔵さんが出てきて、菊丸師匠が太鼓の説明。




開場と同時に、鯛蔵さんが一番太鼓を叩いて、雰囲気を盛り上げてくださりました。
(^_^)

第23回 桂三風の西二階町寄席 桂三風 桂三語 ゲスト月亭遊方 2020年2月15日(土)

2月ですがそれほど寒くなく、寄席日和となりました。



今日は初めて、開場の時に七福座前にて三語さんが一番太鼓を叩いてくれました。
お客様も喜ばれていました。
(^_^)


まずは、三風師匠と三語さんでオープニングトーク。



三風: 今回から2時開演とさせていただいています。今までは3時に始まって2時間後の5時に終わると、飲みに行くのにちょうどええという・・・。
(笑)
三語: 僕らの都合ですね。
三風: 自分らの都合でやりましたら、えらいお客さんが減りまして、あんたらの都合で私ら動かんよ!って。
(笑)
三語: 3時やったらこうへんかった人 手を挙げてください。
はーーい。(お客様)
三語: めっちゃ数人ですやん。
(^_^)
三風: 今の時代、人ごみの中に行くと病気をもらいますから、こんな閑散とした・・・。
(笑)
三風: コロナウイルス怖いですね。
三語: ナンバ、中国の人むっちゃいますよ。
三風: ほやけど、みんな無口になったね。
(笑)
三語: 平気で金竜ラーメン食べてましたよ。

二人の おもしろトークで 盛り上げる。
(^_^)


まずは、桂三語さん



この間 タイに行ってきました。
コロナウイルスが流行る前ですけど。
小文枝師匠の襲名披露公演で、公演の2日前に行きまして、1日目にワットポーを見に行って買い物に行きまして、2日目にムエタイを見に行きました。
ムエタイ始めてみました。
タイの国技みたいなもんです。
観光客は1階で見るみたいです。
リングサイドは日本円でも6000円ぐらいするんです。
国技ですから相撲みているみたいなもんです。
タイ人の人は1階にはあまりいないんです。
2階を見ると金網がはってあるんです。
その後ろに、おっちゃんばっかりがワーーーって騒いでるんです。
みんなお金をかけてるんですね!

ムエタイの面白話と、三語さんがタイ人に間違えられた話で盛り上がる。
(笑)




演目は、『読書の時間』(三枝作)


続いて、桂三風師匠



世知辛い世の中になりまして、大晦日の除夜の鐘が近隣の住民の反対で 無くなったところもあるみたいですね。
大晦日に除夜の鐘が鳴るから年を越すんやなって思いになるんですけど、大晦日から ゴーンが消えるんですよ。 
ゴーンが消えたんです。
(笑)
上手いこと逃げよったね。
で、レバノンに行って、ワイン飲んで 風呂も入り放題や。
拘置所ではゆっくり入れへんやろから、
「いい国だ、はぁ レバノンノン♪」 (いい湯だなをパロって)

桜の会や、IR関連の政治家を皮肉って 三風師匠お得意の時事ネタで 大爆笑。
(^_^)




演目は、『モレパシー』


中トリは 月亭遊方さん





今日は下ネタシリーズですか?
下ネタが続いてますね。
こうなったら、僕もせなあかんのかな?
(笑)
先月もここでやらしてもらいましたが、男性率が多くないですか?
こんなんいうたら怒られるかもしれんけど、おっちゃん率が高いですね。

なんか刑務所の慰問みたい・・・。
(笑)
笑ってもらってるからええですけど、笑ってなかったら、免停の講習会ですからね。
(笑)

我々のころは子供の頃もゲームがなかったから身体を使って遊びましたね。
走り回って遊んでましたね。
基地遊びもやりましたね、公園でブロックやベニヤ板を使って基地を作って。
今そんなん無いでしょ、基地作ったりとか。
この間天王寺で、「あっ、基地や!」 って覗いたら おっさんが住んでました。
(笑)

彦八まつりで くまモンを呼んできたときの面白話は 面白かったなぁ。
(^_^)



格闘シーンでは、舞台でゴロゴロと!
(笑)

演目は、『戦え サンダーマン』


仲入りの後、桂三語さん



もう1席お付き合いいただきますけど。
1席目が読書の時間、ちょっとエロい話ですね、2席目が三風兄さんのモレパシー、妄想してるのが漏れる話、で中トリの遊方師匠
が戦えサンダーマン。
(笑)
この後が 古典。
バランスおかしないですか?
(笑)
非常に、ネタにとんだ落語会やなと。
楽しんでお帰り下さい。
(^_^)



演目は、『宿屋仇』


最後は、お楽しみじゃんけん大会。



三語さんからは、吉本興業が作った スベリにくいハンドクリームと三語さんが出演しているラジオ大阪のポストイットを 2セット。
三風師匠からは、新潟のお土産をようさん買ったのを忘れてきたということで、京都駅で買ってきた阿闍梨餅。

遊方さんが黒い帽子をかぶると、雨上がりの蛍原さんみたい。
(笑)


次回は、4月25日(日)14時開演
出演 桂三風 桂三語  ゲスト 桂米左
お楽しみに

金曜ワンコイン寄席 令和2年2月7日(金) 月亭秀都・桂笑金


偶数月開催の金曜ワンコイン寄席
姫路出身、若手実力派の月亭秀都さんと若手ゲストによるフレッシュな落語会です。

秀都:「めちゃくちゃ寒い中、有難うございます。これくらいの人数がやりやすいんですよね。(笑)
    コロナウイルス流行ってますけど、笑うと免疫力上がるらしいですね。
    朝ごはん食べてる時もワハハ、歯磨きしててもワハハ、
    ずっと笑ってたら病気にならないかもしれませんが、周りからは病気と思われるかもしれません。(笑)
    マスクしてはる人は笑い声が聞こえにくいので、さらに大きく笑ってくださいね。(笑)」

    「それでは、今日のゲストの桂笑金君、どうぞ!」


DSCF0471.jpg
笑金:「桂三金の弟子の桂笑金です。」
秀都:「入門して、何年になりますか?」
笑金:「2年と2ケ月です。」
秀都:「それまでは?」
笑金:「同志社行ってから、吉本の作家とかの学校行ってて、
    吉本の社員時代は番組制作のAD。
    最後の方は32連勤で、睡眠3時間やったんです。
    今は、噺家になって32連休!!」 (笑)

秀都:「三金師匠、どんな感じ?」
笑金:「体重120kg、食にはきびしかったですね。
    焼肉に対して通の通、弟子に焼いて配ってくれたりするんですが、
    牛タンに普通のタレつけてたら、怒られる(レモン、塩ある・・・)
    “牛はしっかり育てられて、流通してここまで来てるのに、
    最後に何しとんのやっ!(怒)”
とか」 (笑)


秀都鉄砲勇助小
一席目は、秀都さんから。
秀都:「噺家殺すにゃ刃物はいらん、あくび1つで即死すると申しますが、
    1/6、弥っこさんとやらしてもらった時、
    まくらで落ちを考えずに10分くらい喋ってたら、後ろのおっちゃんが
    “君の話し、退屈なんであくびするわ!!”と宣言されたんです。」 (笑)
ねたは、『鉄砲勇助』
テンポのよいやり取りが、とても楽しかったです。


DSCF0478.jpg
2席めは、桂笑金さん。
笑金:「自作の新作をさせていただきます。」 「若い人には分からないかもしれませんが・・・
    と客席全体を見回して、「でも今日は大丈夫そうです。」 (笑)
ねたは、『偽黄門』
笑金さんの言う通り、私を含め会場全体が水戸黄門のパロディに大受けでした。


DSCF0486.jpg
中入り後は、笑金さんによる『狸賽』
たぬきとのやりとりのようすが、とても微笑ましかったです。


DSCF0506.jpg
最後は、お色直し後登場した秀都さんによる『まんじゅうこわい』
とても大きな動きで、臨場感があって楽しかったです。


次回の金曜ワンコイン寄席は4月3日(金)の予定です。
秀都さんと同門の月亭遊真さんをゲストにお迎えします。
暖かくていい季節になりますね。
どうぞお気軽に、ワンコインで楽しい時間をお過ごしください。(^^♪


    




    


お笑いライブ 「ひめクリ」 コヤゴ星人・NORI・エスパースムース 2020年2月5日

今回は寒かったけど、そこそこの入りとなりました。




まずは、自己紹介から。

コヤゴ星人は、いきなり 『フランスパン折る』 
(^_^)
それを見ていたNORIは、「フランスパンですか、僕ちょっと歯を折ったんで。」
(笑)

スムース: これ松竹芸能の若手芸人じゃないんですか?
コヤゴ: だれもいませんね、今日前で呼び込みしていたら、「松竹の誰が出るんですか?」 と聞かれて、考えたらだれもいなかった。
(笑)


まずは、エスパー・スムース



あなたはだんだん眠くなる~。

2020年始めてきましたので 年始の挨拶をさせていただきます。
あけましておめでとうございます、昭和95年もよろしくお願いします。
あっ間違えました、平成32年もよろしくお願いします。
平成じゃない。
今は何ですか?
令和ですか、令和2年もよろしくお願いします。
(^_^;)




前回来た時に 僕がキムタクになる好き好き光線を出したんですが、今日ぜんぜん差し入れがないんですけど、おかしいですね。
もうすぐバレンタインなんで、チョコレートでもいいんですが。
終わるまでまだ時間があるんで、待っています。
(笑)


続いて、フィットネス芸人NORI



フィットネス芸人のNORI と申します。
ワンツー ワンツー クロワッサン折る・・・、
すみません コヤゴさん、恥も外聞もなく 人のいいところは まねるという フィットネスのいいところです。
(笑)

前回スポーツクラブのお客さんに怒られたんです。
仮装してダンスをするということがあって、股間に白鳥の首のついた衣装がありまして・・・。
面白いエピソードを披露。
(^_^)




最近モノマネに頑張っているんですけど、姫路を広めたいということで 初めての方もいらっしゃるので定番の姫路駅前の音マネを・・・。
(笑)

そのあとは、ケンドー小林さんのモノマネでエピソードトーク。

なかなか似ていて、面白かった!
(笑)


続いて、コヤゴ星人。



今日はね、娘の誕生日なんです。
誕生日をお祝いするギャグをやります!
「ハッピバースデ―」
「クラッカーを自分に向けて パーーン」

2月5日生まれでして、あの平成の大スター 森脇健二さんと同じ誕生日なんです。
あと 育休不倫の宮崎謙介議員と金子恵美議員の間に生まれた子供も、2月5日なんです。
生まれ年も一緒なんです。
親父が育休不倫議員がいいか?
ギャグ宇宙人がいいか?
どっちもすごいですね。
(笑)

娘さがの誕生日プレゼントで歯が折れた事件でもお客様を笑わせる。
(^_^)



ここからギャグをやります!

DA PUMP のパーティーギャグから、
『コンセントに触れて感電』
ドリカムの、
『うれし!楽し!大文字!』
徐々に面白くなりますからね、明日の夕方ぐらいが一番面白いです。
(笑)

『卒業写真の心霊写真』

後は勢いだけでやりますよ!
といって、ギャグ連発。




3人のネタが終わったら、コヤゴ星人が大阪から持ってきた段ボール箱を使って、
『エア 物当てゲーム』


なかなか面白いゲームだった。



くまこさんによる 『Cクリエーションの歌』 でエンディング!

来月は3月4日(水) 17時開演です。
お楽しみに!

第7回 南天・花丸 落語会 桂南天 林家花丸 2020年年1月26日(日)

この日も天気がよくて、ポカポカ陽気。
今回も大盛況で、入場券を買うのに行列が!




チケット販売時間になると、南天さんが販売のところに出てきて、ひとりひとりのお客様にご挨拶。
(^_^)


まずは、桂南天さんから。



お寒い中お越しいただいて・・・、寒いというてええのか?
早いうちから並んでいただきまして、ありがとうございます。
次回も4月にやるのが決まっています。
お配りしている、あれの中のあれに書いていますので・・・。
(笑)

今までは自動車で来ていたんですが、太鼓がこちらにあるので今日は電車で来たんです。
大手前をお城を見ながら来たんですが、銅像があるんですね。
そしたらビックリしました、こんなん置いてええの?っていうのがありまして。
どんなんかといいますと、
裸のおっちゃんが 帽子かぶって サックス吹いているんです。
(笑)
サックス吹いてるし、帽子かぶっていうrから、そこ見てますやん。
もう一度見直したら、おち○ちんが付いているんです。
大きなサックスの下に、小さいお○んちんが。
(笑)
タイトルが、『帽子をかぶったら 歩きたくなる』 って、
まずパンツ穿けよ!
(笑)

噺家が集まったら、こんな話ばかりしているんですけど、噺家はスカタンばっかりですよ。

※といって、噺家さんの 面白話を紹介! 
どこかで聞いたことがあると思ったら、うちにもよく来ている枝鶴師匠のお弟子さんの鶴太君の話。
(笑)





演目は、『寄合酒』


続いて、林家花丸さん。



宝塚歌劇が好きでよく話をさせていただいています。
去年の年末に、NHKで宝塚スペシャルの番組に出させていただきました。
どんな番組かというと、どんな楽しみ方をしたらいいかということを、高橋真麻さんと2人で解説するという番組でしたが、ご覧になった方はいらっしゃいますか?
12月28日 朝5時から始まる番組ですが・・・。
(笑)

それが8Kテレビ対応の番組やったんです。
細かいところまでハッキリ映るということで、メイクも念入りにやったんです。
私みたいなもんでも 見善くするんです。
スプレーやとか・・・、私はほとんどいらないんですけど。
(笑)
化粧した下にあるシミなんかも、肉眼では見えないようなものも 8K通すと見えるらしいです。
(^_^;)

※ここから化粧話で盛り上げる。




演目は、『電話の散財』



中トリは桂南天さん。



誰かが自分のことを心配してくれているというのは、ホントありがたいことです。
私も52になるんですけど、未だにうちの父親 母親から電話が来ます。
電話がかかってくると、
「ご飯食べてるか?」
「お金はあるか?」
って聞かれるんですが・・・、
両親は年金生活なんですよ。

年金より私の収入が少ないって思ってるんでしょうか?
(笑)





演目は、『崇徳院』


仲入りの後は、林家花丸さん。




噺家っていうのは よう飲みます。
噺家は 一門によって行く店、飲み方が違いますね。
南天さんなんか米朝一門でして、 米朝一門は全国でホール落語を開催していますので、あちこちの大きなホールの近くの ええお店、美味しい店をよく知っていますね。
先代の文枝一門は、グルメな方が多いですから 料理のおいしいところ あての美味しいところをよう知ってます。
春団治一門は、病弱な方が多いので、近所にええ病院のあるところをよく知っています。
(笑)
噺家さんて ようけ飲んで、最後にはわーっと暴れたりするんじゃないですか?出入り禁止の店なんかあるんじゃないですか? 
って言われたりしますが、意外とそういう一門はないんです。
林家はおとなしいです。
大体、そういう暴れて飲んでるというのは S福亭の皆さんじゃないかと・・・。
(笑)





演目は、『猫の災難』





次回は、4月26日(日)
桂南天 『愛宕山』 ほか一席
林家花丸 『厩火事』 ほか一席

お楽しみに。

第11回 由瓶の姫路落語会 笑福亭由瓶 桂春蝶 2020年1月25日(土) 大入り

今回のゲストは、桂春蝶さん。
まずは、二人でオープニングトーク。



春蝶: 僕は着物で出るというたんですけど、由瓶さんがそのままでええということで、私服のまま出てきました。
     小栗旬みたいやからと・・・、オグリキャップみたいですね。
(笑)
由瓶: 皆さん、蒸し暑くないですか?
春: 一人いると、100Wの電球が輝いてるのと同じ熱量が出るらしいです。
   これだけ入っていただくと、暑いですね。
※客席から「へーー」 って。

由: サウナによく行くんですけど、ひとりだけの時と、ようけ居てる時では暑さが違います。
   おっちゃんが多いとむせかえるようなんです。
(^_^;)

由: 僕48なんですけど、自分がこんな歳になるなんて 思ってませんでしたね。
春: かい枝さん、吉弥さんと3人同期で、一緒に会をやっているんですけど、3人そろうと、
かい枝さんは、「頭が薄くなってきた。」
吉弥さんは、「膝が痛い。」
僕は、「目がかすむ。」
とかって話しています。
(笑)

春: 僕は何もできないからこの世界に入っていますけど、由瓶さんはトップセールスマンやったんでしょ。
(笑)
由: 世界を動かしていました。
(^_^;)
春: 勤めてたのは 漬物屋さんでしょ。

※ここから、由瓶さんの漬物屋さんの話で盛り上がる!
(笑)


まずは、笑福亭由瓶さん。



僕も兵庫県出身なんです。
丹波の出身で・・・。
兵庫県いうても いろんな兵庫県があるでしょ。
(笑)
高校野球を見ていると、三重、和歌山、奈良なんか、みんな県の人を応援しているでしょ。
兵庫は同じ兵庫でも地域ごとに郷土愛がちがうんです。
僕はどっちかというと、京都の福知山のほうが近いので、そっちの方を応援しています。

入門した当時は、先輩から「どこの出身?」ってよく聞かれるんですが、『丹波』って言うのがいややから、『兵庫です。』
って言うんです。
そしたら、「兵庫のどこ?」 って聞かれるんで、
「・・波です。」 って言うと、「ナンバ? それ大阪やな。」 って言われるので、
「丹波です。」 とはっきり言ったら、
「あーーー。」 って言われます。
(笑)

もう一つ気になるのが、女性は男前が好きですね。
春蝶さんはやっぱり男前ですわ。

※男前の若手の落語会に ゲストとして呼ばれた時の話で盛り上がる!
(笑)




演目は、『転宅』


続いて、桂春蝶さん



枝雀師匠と子供のころにいろいろと話したことがありました。
枝雀師匠が来るときは 父親も緊張していましたね。
天然のてっちりを用意していましたからね。
ざこばさんが来るときは たこ焼きでした。
(笑)

枝雀師匠は、やっぱり変わっていました。
「はーい、大助君!」 大助って僕の本名ですが、
「大助君 悩み事はないですか?」
ふつう 5歳の子供に こんなこと聞きますか?
(笑)
せっかく聞いてくれてるから、普通のこと言っても仕方ないので 知ってる知識を総動員して、
「本能寺の変で明智光秀が織田信長を殺したのを誰も見ていないのに、誰が殺しったってわかるんですか?」
って聞いたら、
「あなたは、私と同じ星の住人です。」
っていって、てっちりを食べずに そのまま帰っていきました。
(笑)

※ここからはやしきたかじんが 夜の遊びを教えてくれた話で盛り上がる。
たかじんさんは、飲みに行くところで毎回 『やっぱすっきゃねん』 を歌ってたそう。
なんでかというと、いつでも歌えるように、お金を出して歌ってたらしい。
(^_^)




演目は、『地獄めぐり』



仲入りの後、笑福亭由瓶さん



ここ七福座は ここに来たらすぐに落語ができる場所でして、大阪の繁昌亭、神戸の喜楽館 そしてここが3大寄席小屋でして・・・。
(笑)
繁昌亭や喜楽館ができたことで、年間数千の落語会が開催されるようになって、噺家の生活も変わりましたね。
昔は喫茶店や居酒屋で、長机やビールケースに毛せん敷いてやってましたからね。
春蝶兄さんもやってましたが、兄さんの場合はカフェでしたね。
(笑)
高座をつくるのを後輩に頼んだりしてましたね。
昔は、ピアとかで調べて、自分から手伝いに行って勉強していました。
着物をたたんだり、打ち上げに連れて行ってもらったり次の出番をもらったり・・・。
(^_^)
エー僕も落語やって、今で22年になりますわ、誰も後輩が手伝いにきませんね。
勉強にならへんって思ってるんですかね。
(笑)

前回、10回記念やったんですけど忘れ物しましてね。
着物の長じゅばん忘れたんです。
ここの大会長に長じゅばんを借りて前回やったんですが、よく忘れ物をします。
着物をよく知らない方に簡単に説明します。
着るものは3点セットです。
着物がメイン、羽織、長じゅばん、これが上に着る3点セットです。
じゅばんがなくてもええんですけど、なかったらゆかたみたいでしょ。
(笑)
色々ありますけど、絶対に忘れたらあかんのは 足袋ですね。
(^_^)





演目は、『足袋と帯』


由瓶さんの自作のネタで面白かった。
(^_^)




次回は、3月21日(土)と5月2日(土)です。
お楽しみに。

第5回 かい枝・阿か枝 らくご会 2020年1月18日(土) 桂かい枝 桂阿か枝

この日は、開場前に たくさんの人が並ぶ 大入りとなりました。

まずは二人で オープニングトーク。




かい枝: 第5回目ということで、過去最高ですね。
(^_^)
阿か枝: 前回は最低でしたからね。
(笑)
か: 今日はセンター試験の日ですからね。
阿: もうセンター試験は受けはらへんのですかね?
(笑)
か: 見たらわかるがな。
   若い人たちが人生かけて頑張ろうというときに お気楽に笑おうと・・・。
(笑)

か: 我々は特殊な世界なので いろんなしきたりとかも残っています。
   お年玉も、この年になると貰わないもんですけど、師匠が生きているときは いくつになっても 貰っていましたね。
阿: 僕もいただいてましたね。 で、いただいた袋はまだ置いていますね。
か: えーーー。
阿: 『阿か枝さん』 って書いてあるのを おいています。 
か: 捨てたわ~。
(笑)

※東京のお正月のしきたりで笑わせる。

か: 11月に柳亭小痴楽さん・・・、東京の若手で人気のある子なんですけど その子が真打になったんです。
   で、大阪からゲスト枠で、文枝師匠、文珍さん、小文枝さん、八方さん、仁智さん、そして私。
(笑)
阿: すごいとこに入りましたね。
(笑)
か: 吉本から電話がかかってきまして、末広亭ですわ、「ノーギャラです、割りです。」 割りって言うのは東京の寄席のギャラです。 
交通費は吉本が出しますと。
それでも名誉なことですから、行きますと。

※ここから、真打昇進のご祝儀や、その時の着物のたたむ話など 上方と東京の違いで笑わせる。
(^_^)


まずは、桂かい枝さん



去年はラグビーのワールドカップがありましたけど、いかに日本人が熱しやすいかわかりましたね。
それまでは、ラグビーとか 興味持ってなかったと思うんですね、ワールドカップまで。
日本が決勝トーナメントにすすむとなった時はすごかったですよね、南の道頓堀で飛び込んだ人たちがいましたけど、ラグビーであろうが野球であろうが、サッカーであろうが、なんでも飛び込むんですな。
(笑)
それはいいんですが、ラグビーの決勝進出やのに、みんな 六甲おろしを歌いながら飛び込んだんですよね。
(笑)
 
チケットが取れないものって すごく熱気がありますね。
うちの娘も K-POPの防弾少年団にハマっていて・・・そのチケットがとりにくいんですよ。

※今日の寄席との対比で客席を笑わせる。
(^_^)



神戸の奥様と、大阪の奥様、京都の奥様が三人で食事をしたら、お会計の時には、
神戸の奥様は、 まとめて払うといくらかなと思う。
大阪の奥様は、 割り勘にしたらいくらかなと思う。
京都の奥様は、 どうやってお礼を言おうかと考えている。
(笑)


演目は、『京の茶漬』


続いて、桂阿か枝さん



先ほど、京都が舞台のお話しでしたけど、京都の地域性が出ているなぁと思いましたね。
というのが 先月、家族で京都に行ったんですけど・・・、ようは 京都で 切符切られたという話なんですけど。
(笑)
切符の切り様の えげつないえげつないという話を 今日はさせていただこうと思っています。
(笑)

車で京都水族館に行ったあと、おくさんが和菓子の店に行きたいところがあるというのでナビを入れた。
その指示通りに走っていると、寺町通の手前で警官が二人出てきて、
警: 許可証をお持ちですか?
阿: えっ、許可証もなにも 私ら観光で来てます。
警: ここは通行禁止区域です。
阿: 通行禁止区域と言われても、ナビ入れて ナビの指示通り来ただけで。
警: ナビは、実際の交通規制に従って運転してくださいって言っているはずです。
阿: そういう意味やったんやな!って初めて知ったんですけど。
   どこを通ったらよかったんですか?
警: その手前を曲がっていたらよかったんです。

ほな、そこにおらんかいな! 通行禁止区域に入るのを二人して待ってけつかったんでございます。
(笑)
確かに、後で見たら標識は出ていました。なるほどそれを見過ごして、ナビを見ながら行ってた僕が悪かったんではございますが、いやらしいもんやなと思いながら、先ほどの 『京の茶漬』 をしみじみと聞かせてもらいました。
(笑)
 
※ここから警官のやり取りが続き、仕事の話になり・・・。

阿: 自営です。
警: どんな?
阿: 演芸(えんげい)です。
警: 造園ですか?
阿: そうです。
(笑)

※阿か枝さんは 噺家になる前は 実際 造園会社に勤めていたそうで、『欅20本を電話注文』 を披露。
(^_^)




演目は、『かぜうどん』



仲入りの後、また桂阿か枝さん



いよいよ後半ということで、もう一つのほうはネタ出しはしていないということで、普段やる機会のないのをやらせてもらおうかということでございます。

話のほうは、太鼓持ちというのが出てくる話でございまして、いわゆる男芸者、男でもって男を喜ばそうという 今時にはないご商売でございます。

一席お付き合いをお願いします。
(^_^)




演目は、『太鼓腹』



トリは、桂かい枝さん



高座に上がってきて、

表が騒がしいが どうしましたんじゃ。
(笑)
あっ、もう落語に入っています。
よろしくお願いします。
(笑) 





演目は、『ねずみ穴』


※このネタは、数週間前の落語ディーパー!という テレビ番組で取り上げられていたから、私個人的にちょうど聞きたかったところでした。
(^_^)





落語会の最後は、サイン色紙や、手ぬぐいの当たる じゃんけん大会。
(^_^)




次回は、5月31日(日) です。
お楽しみに。

プロフィール

姫路 西二階町商店街

Author:姫路 西二階町商店街
姫路の老舗商店街
西二階町商店街

新名所誕生『七福座』

空き店舗を活用し、西二階町商店街に『七福座』という 多目的ホールができました。
姫路で落語といえば西二階町!
商店街の活性化のためにはじめた毎月一度の落語会(七福寄席)は、大変盛況です。
その他、お笑いライブ『ひめクリ』(第1水曜日)や野菜市『林田新鮮市』(第2、4水曜日)など開催して賑わっています。
またいろいろな教室、発表会の場としても、ご利用いただけます。
七福座支配人
   垣内睦彦

お問合せ先
西二階町商店街振興組合
079-224-6341
info@nishinikaimachi.com


西二階町商店街のホームページもぜひご覧ください。
www.nishinikaimachi.com

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

FC2カウンター

FC2ブログランキング

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © 姫路 西二階町商店街